Y!オーサー

増澤陸

チーフ図解オフィサー

増澤陸

東京都在住のブロガー・ITコンサル。経済・経営の話題を中心に図解でわかりやすく解説することに定評がある。ブログ『それ、僕が図解します。』は、個人運営ながら、時には月間訪問者数20万人を超える人気ブログとなっている。世の中の分かりにくいことや納得の行かないことを少しでも減らすことを目標としている。図解を始めたのは約20年前から。仕事に必要な画面遷移図を描き続けているうちに、何でも図で説明できるようになった。得意としているのは、経済・経営、不動産、税金、終活・相続など。著書:『デジタルコンテンツ白書』編集委員(2007−2014)等 京都大学農学部卒。宅地建物取引士。相続診断士。

  • 参考になった-

    • 増澤陸

      | 報告

      本来、イートインは10%、テイクアウトは8%です。この記事で紹介されているのは、テイクアウトの本体価格を値上げすることで、両方の見た目の金額を揃えるという手法です。

      この手法については、財務省も認めているやり方です。また、消費者、店舗スタッフにとってもわかりやすいもので、受け入れられやすいでしょう。

      一方、消費者の支払う金額は変わりませんので、負担軽減の効果はありません。逆に、本来、国に入るべきだった2%が事業者(この場合ケンタッキー)に入るという見方をすることもできます。

      本来取るべきだった税収が事業者に流れるというこの仕組み。軽減税率は本当に導入する必要があるのでしょうか?