Y!オーサー

JSF

軍事ブロガー

JSF

軍事ブログ「オブイェクト」管理人。オスプレイや弾道ミサイル防衛、無人攻撃機など、ニュースに良く出る最新の軍事的なテーマに付いて解説を行っています。

  • 参考になった66223

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ロフテッド軌道に対応するのは新型迎撃ミサイル「SM-3ブロック2A」であり、このミサイルは非常に高価なので、イージス艦だろうとイージスアショアだろうと、このミサイルを数多く積めば費用は跳ね上がります。だからイージスアショアがイージス艦に対して割高という話にはなりません。高いのはミサイルです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      おそらくですが、イージスアショアの総費用が跳ね上がったように見えるのは単に「ミサイル弾薬代をきちんと計上したから」ではないでしょうか。宇宙空間迎撃用のSM-3ブロック2Aが1発40億円としたら50発で2000億円です。当初の見積もりにはミサイル弾薬代は入っていないので元々総費用の事ではなく、弾薬代で増えるのは想定内です。他は当初見積もりは従来型レーダーのSPY-1で想定していたので、最新鋭レーダーであるSPY-6あるいはSSRを採用すれば費用は増えますが、これも想定内でしょう。そうすると関連施設費での追加費用は数百億円から千数百億円の範囲だと思われます。だからいきなり費用が3倍になったというわけではなさそうです。そして増えた分の大半がミサイル弾薬代だとした場合、イージス艦に同じ分だけ積んでも同じ費用が掛かるわけですから、イージスアショアがイージス艦に比べて割高というわけではありません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      当初案でも戦闘兵の育成・調達が目的ではなく軍事的側面はあまり無かったのですが、最終的な内容は軍事的な要素がほぼゼロです。この制度の導入の意義は国民の結束を高める為ですが、同じ趣旨で戦闘兵の訓練はしない合宿のような制度はマレーシアにもありました。名前だけの徴兵制と言えるでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      これはエンジン整備部品を調達できなくなりエンジンを外して無動力で運用していたか(櫓か帆)、船内機の代わりに調達し易かった船外機に換装していたか(漂流中に船外機が脱落)、そういった可能性を考えた方がいいかもしれません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      軍事介入は不意打ちで行うのが最も効果的ですが、シリアに展開しているロシア軍との直接衝突を避けたいアメリカは1年前の武力制裁の際にも攻撃前に事前予告と攻撃予定箇所のリストをロシアに通知してるので、最初から不意打ちは出来ませんし今回もする気は無いでしょう。1年前に武力制裁したにも拘らず再び同様の事態に陥った以上は、今回はトマホーク60発程度では済まさないかもしれません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      実は38ノースは河野外相発言の数日前に既に「北朝鮮の核実験準備の活動は低下している」と報告していました。38ノースは公然とアメリカ政府の息の掛かったプロジェクトなので、38ノースの見解はアメリカ政府の把握している事と見ていいです。にも拘らず日本の外相が全く違う事を発言したのは驚きでした。このままでは日米の足並みが揃っていないと見做されかねません。河野外相は何を根拠に北朝鮮の核実験準備の活動が増加しているとしたのか、明らかにすべきと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      弾道ミサイルは基本的にピンポイント攻撃できるような命中精度は無く、北朝鮮が日本攻撃用に用意しているノドン弾道ミサイルも建造物単位で狙えるような命中精度はありません。ミサイルを心配するよりは特殊部隊の破壊工作を心配した方が現実的です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      現実的に見て、北朝鮮のノドン弾道ミサイルの命中精度では建造物単位のピンポイント攻撃は不可能です。ミサイル攻撃を心配するよりは、潜水艦で潜入してくる特殊部隊の破壊工作を心配した方がいいかもしれません。

残り51

もっと見る