にしゃんた

社会学者/タレント 報告 オーサー

私も10年以上留学生としてお世話になった。食べる物がなく起きてるとお腹が空くから空腹を紛らわせるため寝て耐えた時もあった。今では大学教員であるが、今回のコロナショックでアルバイトを失い、生活の目処が立たずやむを得ず高額の飛行機代を払い帰国し、母国のコロナ感染防止対策のため、一ヶ月近くの自宅隔離をされ、母国からオンラインで授業を受けている留学生のゼミ生もいる。現状、留学生がSNSを介して情報を仕入れ、大使館、領事館や宗教施設など母国と接点のある特定の場所を頼っている傾向がある。逆にいう留学生が日頃生活をしている環境で彼ら彼女らを今回の緊急時において吸収できていないという事でもある。今、日本人であっても苦しく、まだ先の見通しが立たない状況でいるに違いないが、可能な範囲で民間大使でもある留学生を気にかけてやって頂きたい。好意に対して直接、さらには日本国の力となって恩返してくれることと信じている。

こちらの記事は掲載が終了しています

にしゃんた

社会学者/タレント

羽衣国際大学 教授。博士(経済学)イギリス連邦の自治領セイロン生まれ。高校生の時に渡日、日本国籍を取得。スリランカ人、教授、タレント、随筆家、落語家、空手家、講演家、子育て父などの顔をもっており、多方面で活動中。「Mr.ダイバーシティ」などと言われることも。現在は主に、大学教授傍ら、メディア出演や講演活動を行う。テレビ•ラジオは情報番組のコメンテーターからバラエティまで幅広く、講演家として全国各地で「違いを楽しみ、力に変える」(多様性と包摂)をテーマとする ダイバーシティ スピーカー (多様性の語り部)として活躍。ボランティアで献血推進活動に積極的である。

にしゃんたの最近の記事

にしゃんたの最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    にしゃんた

    |

    ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイド氏が警察官によって殺害されたことを受...続きを読む

  • 「帰りたいけど帰れない」 名古屋の寺に続々とベトナム人が コロナ禍で窮地の外国人に救いの手写真

    中京テレビNEWS 5月21日(木) 11時31分

    にしゃんた

    |

    ご住職の高岡秀暢さんに対しての尊敬の念を抱かない者はいない。ご住職のことを調べると今回に限らず今まで...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント