成田崇信

管理栄養士、健康科学修士 報告 オーサー

精米したお米は時間がたつと風味が落ちてしまうだけでなく、栄養成分にも変化が現れるので注意が必要です。
特に高温多湿状態に弱く、常温で保存を続けるとビタミンB1などの栄養も急激に失われることが知られています。そのため、密閉できる容器に入れ冷暗所で保存するのが理想です。おひつのような大きな容器に継ぎ足すような保管方法では、穀類につく昆虫やダニなどの有害動物の汚染のもとになりますので、家庭ではおすすめできません。保存の適温は10~15℃程度ですが、冷蔵庫保存では温度差から結露がしやすいため、野菜室に密閉容器ごと保存しましょう。理想的な環境で保存できない場合は、長期保存を考えず、1~2週間で使い切れる量を購入すると良いでしょう。

成田崇信

管理栄養士、健康科学修士

管理栄養士、健康科学修士。病院、短期大学などを経て、現在は社会福祉法人に勤務。ペンネーム・道良寧子(みちよしねこ)名義で、主にインターネット上で「食と健康」に関する啓もう活動を行っている。猫派。著書:新装版管理栄養士パパの親子の食育BOOK (内外出版社)3月15日発売、共著:謎解き超科学(彩図社)、監修:すごいぞやさいーズ(オレンジページ)

成田崇信の最近の記事

成田崇信の最近のコメント

  • 小遣い稼ぎの山菜採り、いいの? メルカリなどで出品相次ぐ 北海道や林野庁は「想定外」写真

    十勝毎日新聞 電子版 5月21日(木) 10時51分

    成田崇信

    |

    法律の解釈などには言及できませんが、このような販売形態で手元に届いた場合の評価について見解を記します...続きを読む

  • 消毒液に漂白剤活用…注意点は 商品ごとに異なる分量写真

    中国新聞デジタル 4月22日(水) 6時30分

    成田崇信

    |

    次亜塩素酸水の殺菌、ウイルス不活化効果は、次亜塩素酸ナトリウムと同じく塩素によるものですが、酸性の次...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント