中山祐次郎

医師・公衆衛生学修士 報告 オーサー

【医療現場への支援について】
現場の医師として、医療現場への支援についてお伺いしたいと思います。
新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから2ヶ月あまりが経ち、医療現場はさまざまな面で疲弊をしてきています。
医療従事者個人のレベルでみれば、現場で感染患者の治療に当たる医師・看護師は業務量が増えるとともに、自身への感染リスクにより精神的にも追い詰められてきています。
また、病院単位でみれば、私立の病院は新型コロナウイルス感染症対策の新しい工事や物品の購入、病棟の制限などハード面での費用負担に加え、一般患者を制限することで大幅な減収に繋がっております。今後、感染症の影響が長期化すればつぶれる病院も出てくるでしょう。
政府として、医療従事者や病院への支援はどのようにお考えでしょうか。
(消化器外科医・中山祐次郎)

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 妹尾昌俊

    |教育研究家、学校・行政向けアドバイザー

    休校と学校再開をめぐる課題についてお伺いしたいです。子どもたちの命、安全を守りながら、学びを止めない...続きを読む

  • 石渡嶺司

    |大学ジャーナリスト

    【学生・大学への支援について】
    大学生はアルバイト先の多くが自粛して働けません。そして、大学は入構禁...続きを読む

中山祐次郎

医師・公衆衛生学修士

1980年生。聖光学院中・高卒後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師として計10年勤務。2017年2月から福島県高野病院院長、現在福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として、手術の日々を送る。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、癌治療認定医など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。著書は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」(幻冬舎)、「医者の本音」(SBクリエイティブ)、小説「泣くな研修医」(幻冬舎)。Yahoo!ニュース個人では計4回のMost Valuable Article賞を受賞。

中山祐次郎の最近の記事

中山祐次郎の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    中山祐次郎

    |

    医師としてコメントします。連休中に入り、私の勤務先病院のあるエリアでは、PCR検査の結果が出るのがい...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    中山祐次郎

    |

    米国の感染者数が100万人を超えたというこのニュースには、注意が必要です。
    米国の感染者約100万人...続きを読む