中山祐次郎

医師・公衆衛生学修士 報告 オーサー

日本中の医療機関で、マスク不足が続いています。特に不足しているのが、東京や大阪などの流行地です。
医師や看護師などが、いままさに自分に感染する恐怖におびえながら新型コロナウイルス感染症の患者さんの診療にあたっています。
強制収用で、一般のみならず、一刻も早く必要とする医療機関へのマスクの供給を期待します。

こちらの記事は掲載が終了しています

中山祐次郎

医師・公衆衛生学修士

1980年生。聖光学院中・高卒後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師として計10年勤務。2017年2月から福島県高野病院院長、現在福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として、手術の日々を送る。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、癌治療認定医など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。著書は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」(幻冬舎)、「医者の本音」(SBクリエイティブ)、小説「泣くな研修医」(幻冬舎)。Yahoo!ニュース個人では計4回のMost Valuable Article賞を受賞。

中山祐次郎の最近の記事

中山祐次郎の最近のコメント

  • 【#首相に質問】新型コロナウイルス対策について、安倍首相に聞きたいことはなんですか写真

    Yahoo!ニュース 特集 5月6日(水) 13時00分

    中山祐次郎

    |

    【医療現場への支援について】
    現場の医師として、医療現場への支援についてお伺いしたいと思います。
    ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    中山祐次郎

    |

    医師としてコメントします。連休中に入り、私の勤務先病院のあるエリアでは、PCR検査の結果が出るのがい...続きを読む