「表現の自由」は無制限ではありません。法令に違反するコメントや、誰かを著しく傷つけたり、攻撃したりするようなコメントの投稿は、Yahoo! JAPAN利用規約およびYahoo!ニュース コメントポリシーで禁止しています。投稿前にご確認ください

Y!オーサー

中山祐次郎

医師・公衆衛生学修士

中山祐次郎

1980年生。聖光学院中・高卒後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師として計10年勤務。2017年2月から福島県高野病院院長、現在福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として、手術の日々を送る。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、癌治療認定医など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。著書は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」(幻冬舎)、「医者の本音」(SBクリエイティブ)、小説「泣くな研修医」(幻冬舎)。Yahoo!ニュース個人では計4回のMost Valuable Article賞を受賞。

  • 参考になった95655

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      【医療現場への支援について】
      現場の医師として、医療現場への支援についてお伺いしたいと思います。
      新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから2ヶ月あまりが経ち、医療現場はさまざまな面で疲弊をしてきています。
      医療従事者個人のレベルでみれば、現場で感染患者の治療に当たる医師・看護師は業務量が増えるとともに、自身への感染リスクにより精神的にも追い詰められてきています。
      また、病院単位でみれば、私立の病院は新型コロナウイルス感染症対策の新しい工事や物品の購入、病棟の制限などハード面での費用負担に加え、一般患者を制限することで大幅な減収に繋がっております。今後、感染症の影響が長期化すればつぶれる病院も出てくるでしょう。
      政府として、医療従事者や病院への支援はどのようにお考えでしょうか。
      (消化器外科医・中山祐次郎)

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      医師としてコメントします。連休中に入り、私の勤務先病院のあるエリアでは、PCR検査の結果が出るのがいつもより遅くなっています。祝日なので、保健所や検査会社は少し人員を減らしているのかもしれません。
      また、祝日は病院に医者の数も減るため、検査そのものが減っていると考えられます。
      したがって連休が明けると、検査数が増え、さらに結果がでるスピードも戻るため感染者数は増える可能性があります。毎日報告されている「感染者数」は、本当に感染した人の数ではなく、「PCR検査で陽性になった人の数」だからです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      米国の感染者数が100万人を超えたというこのニュースには、注意が必要です。
      米国の感染者約100万人は、現時点(4/29)で世界最多で、2番目のスペインの約23万人、3番目のイタリアの約20万人よりはるかに多い数字です。日本は約1万3000人です。
      が、「100万人」というこの数字自体には注意が必要です。新型コロナウイルス感染症は、3割の人が無症状だと言われています。「ちょっとだるい」くらいの軽い症状の人を加えたらもっと増えるでしょう。この人達が、どれだけカウントされているかも考える必要があります。米国では579万回のPCR検査が行われましたが、日本では23万回。じつに25分の1です。検査を米国並みにすればもっと感染者数は増えるでしょう。どちらがいいとは一概には言えませんが。
      このように、検査体制が異なる国ごとに比較してもあまり意味はありません。メディアの皆さんもお気をつけ下さい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      トランプ氏が「消毒薬を注射したらどうか」と言ったという報道です。
      医者として真面目に考えると、まず消毒薬を注射するとほぼ確実に注射された人は死亡します。過去に点滴の薬と消毒薬を間違えて患者さんに注射し、患者さんが死亡した事故がありました。
      また、漂白剤を飲むと口の中やのどがただれ、胃が荒れてしまいます。ひどい時は食道や胃に穴が空き、死亡することもあります。
      新型コロナウイルスの予防や治療にはなりませんし、生命に危険なので絶対にやらないようにして下さい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      日本中の医療機関で、マスク不足が続いています。特に不足しているのが、東京や大阪などの流行地です。
      医師や看護師などが、いままさに自分に感染する恐怖におびえながら新型コロナウイルス感染症の患者さんの診療にあたっています。
      強制収用で、一般のみならず、一刻も早く必要とする医療機関へのマスクの供給を期待します。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      投票所での新型コロナウイルスの感染が心配です。投票に行かれる方は十分に注意して下さい。投票所に行く前に手洗いをし、投票所ではアルコール消毒をしてから投票しましょう。記入しているあいだは、決して顔や髪などを触らないようにします。
      投票が終わったら、必ず手を洗ってから自宅に帰りましょう。このウイルスは、自分で歩くことはしません。誰かの手についたまま家に入り込み、そこから口や鼻、目などを介して感染します。

      報道では消毒液設置や鉛筆の消毒、投票所の換気などの感染防止対策が講じられたとされていますが、それでもウイルスを完全になくすことは難しいからです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      なぜ院内感染が発生するのでしょうか。コロナ感染患者が発生した病院のほとんどは、感染した人だけを診察する専門スタッフなどおらず、一般の患者さんの診療もしています。そうしないと現場は回らないからです。
      院内感染を防ぐには、医師・看護師が十分に注意するだけでなく、マスクやガウンなどの防護具が不可欠です。しかし現在、流行地域の病院ではまったく足りておらず、院内感染を防ぐのに必要な数が現場に供給されていません。感染している患者さんを直接診察するのに、数日使い回したマスクを使う、本来は使い捨てだがアルコールで消毒したゴーグルを使う、など院内感染リスクが上がることをせざるを得ない状況です。

      マスコミはあたかも「現場の努力不足」や「不注意」のように報じますが、それはこのコロナ感染には当てはまりません。

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      9年前のあの日、私は都内の西の方の病院で寝ていた。徹夜手術のあと、午前中に仕事を終え昼から倒れるように仮眠室に倒れていたのだ。支援も何も出来ず、ただ自分の暮らしに必死だった。
      その数年後、私は福島第一原発から22キロの高野病院にいた。震災と原発事故後、一日も休まず存続してきたこの病院は80歳の院長が約130人の入院患者を守ってきた。その院長が急逝し、存続の危機に立たされたと友人に聞いた。突然頭が沸騰した。すぐに連絡して翌々日には高野病院に行った。勤務先にはめちゃくちゃ怒られつつ、2週間後に院長になった。辛くなかったとは言えない、たった2ヶ月の臨時院長。その後、福島県郡山市の病院に勤め今に至る。
      福島では今もテレビ・新聞で震災と原発事故を取り上げない日はない。ここではまだ震災は終わっていないのだ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ここ数日は熱中症の危険が非常に高い状況です。
      熱中症は予防が第一ですので、まずは暑いうちは外に出ず涼しいところで過ごすこと、スポーツドリンクや経口補水液で水分を十分にとることが大切です。
      もし「いつもと違う」ような体の変調や、体温が下がらない場合は病院を受診して下さい。特に高齢者では死亡する可能性が高いので、注意が必要です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中山祐次郎

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      緊急走行する救急車の速度は、一般道では時速80km、片側1車線でない高速道路は時速100kmが上限です。この事故は三陸道の片側1車線の場所だったので、時速は 80km以下にせねばなりません。仮に時速80kmで追突したとすると、死亡するほどの怪我になる可能性はあり、特にシートベルトをしていなかった場合は死亡の危険性は跳ね上がるでしょう。救急車の後部座席には運ばれる患者さんが寝るベッドと付添の人用の椅子があります。患者さんはしっかりベッドに固定されていたでしょうが、付添の人にはシートベルトを装着させていたのでしょうか。たまに私は医者として救急車に乗りますが、付添の席すべてにシートベルトはなかった記憶があります。
      なお、緊急走行する救急車の運転は、救急隊員(又は消防隊員)で機関員という資格を持っていなければなりません。
      痛ましいニュースです。

残り55

もっと見る