中野円佳

ジャーナリスト/『なぜ共働きも専業もしんどいのか』著者 報告 オーサー

一般論として気になる点をあげます。

①確かに育児中社員に対して優しくはなりますが、できるだけ長く休む方向にインセンティブが働くので、今多くの企業が苦戦している「均等推進」「育児中社員の活躍」には課題が残るかもという印象。結局復帰時期は保育園の入りやすさなどで決めざるを得ない面もあり、もう少し他のところ(たとえば育休からの早期復帰に対するボーナス等)を手厚くする手もあるのでは?

②企業側で100%給与保障すると、雇用保険からの育休給付金(67%)は出ないのでは。給付金をわざわざ蹴ってまで負担すると、育児をしていない社員からは不満が出やすい構図になるように思います。結局フリーライダーのように見られて休みにくくなってしまったら意味がないなと懸念します。

※追記 問い合わせたところ67%の給付金は受け取ったうえで復帰後に残り33%分×休んだ期間を支援金のような形で支払おうと考えているとのこと

こちらの記事は掲載が終了しています

中野円佳

ジャーナリスト/『なぜ共働きも専業もしんどいのか』著者

1984年生まれ。東京大学教育学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。大企業の財務や経営、厚生労働政策を取材。立命館大学大学院先端総合学術研究科で修士号取得、2015年4月よりフリー。厚労省「働き方の未来2035懇談会」、経産省「競争戦略としてのダイバーシティ経営の在り方に関する検討会」「雇用関係によらない働き方に関する研究会」委員。2017年4月よりシンガポール在住。海外×キャリア×ママサロンを運営。2児の母。著書に『「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか?』、『上司の「いじり」が許せない』、『なぜ共働きも専業もしんどいのか~主婦がいないと回らない構造』(2019年6月NEW!)

中野円佳の最近の記事

中野円佳の最近のコメント

  • カネカ、批判殺到の「育休直後に転勤内示」を社長が認めるメール写真

    ハフポスト日本版 6月4日(火) 16時57分

    中野円佳

    |

    そりゃ「見せしめでした」と認める会社があるわけはなく「見せしめ」だったかよりも復帰直後に転勤辞令を出...続きを読む

  • みずほFG、副業を解禁へ 19年度中、人材育成狙い写真

    共同通信 6月4日(火) 0時02分

    中野円佳

    |

    経営学では属性を増やすことよりも、経験や価値観の多様性がイノベーションにつながるとされています。単に...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント