Y!オーサー

中野円佳

ジャーナリスト/東京大学大学院教育学研究科博士課程

中野円佳

1984年生まれ。東京大学教育学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。大企業の財務や経営、厚生労働政策を取材。立命館大学大学院先端総合学術研究科で修士号取得、2015年4月よりフリージャーナリスト、東京大学大学院教育学研究科博士課程。厚労省「働き方の未来2035懇談会」、経産省「競争戦略としてのダイバーシティ経営の在り方に関する検討会」「雇用関係によらない働き方に関する研究会」委員。2017年4月よりシンガポール在住。カエルチカラ言語化塾、海外×キャリア×ママサロン等のオンラインサロンを運営。2児の母。著書に『「育休世代」のジレンマ』(光文社新書)、『上司の「いじり」が許せない』(講談社現代新書)

  • 参考になった157899

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      2008年にワタミの子会社で過労死があり労災認定されているにもかかわらず、国会で別の過労死遺族に配慮のない質問をして遺族心情を逆なでした「負の実績」があります。本人の言い方もさることながら、労働時間の規制の強化を訴える過労死遺族に対して質問者としていわば加害者側の立場の人をあててくる自民党の見識を疑いました。党側も政治家として生かし方が分からなかったということなのかもしれません。

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「認可保育所や一部の幼稚園、認定こども園に通う3~5歳児は世帯の年収にかかわらず全額無料」…これは本当に必要ない。保育園に関していえば認可園はこれまでも応能負担で世帯収入によって保育料が決まっていたが、それでも認可外より安いことが多く、高収入世帯はもっと払う気がある世帯も多いだろう。同じ子育てに予算を避けるのであれば、保育の質を改善するための保育士待遇改善や保育士人数増にお金を使ってほしい。量の拡大にともなって基準が緩和され、保育の質向上は喫緊課題。そして虐待対応を含めた、親子への支援も必要なことが明らかになってきている。安倍政権としては聞こえのいい政策として全面無償化をするのだろうけど、本当に支援が必要な現場の実態を見ているとは思えない。

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      職場でのいじりについての本を書いているので、この件当初から気になっていましたが、そもそも評論家としてトークが魅力の宇野氏をまったく別領域である運動会に出場させるという設定自体が「いじり」の温床になっている気もしていました。なので、なぜ宇野氏がそんな企画に出演したのか自体が不思議でしたが、経緯を見ると予想以上に運営がずさんですね。トークショーが運動会になったらその時点で怒る、出演を断るという人がいても全く普通だと思いますが、宇野氏が厚意で出ることにしたとしたらそれを仇で返すような枠組みになったということ。そりゃ怒るわ、と思いました。そしてどんな枠組みであれ、人をいじって馬鹿にして笑いを取るというのは、やめた方がいい。

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      少子高齢化に伴う社会保障費増に絡み「(年を)取ったやつが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違っている。子どもを産まなかった方が問題なんだ」と述べた…と別の記事にありましたが、まず年を取るのは皆同じなのでそれを責める人なんてそうそういないと思うのですが、麻生氏の周りにはそんな人が「いっぱい」いるのですかね…。そして過去様々な政治家が「撤回」することになっている「女性は子どもを産め」的な発言。もう根底に流れているマインドを変えるのは難しいのかもしれませんがせめて最低限の知識・教養として、産めない人もいること、産まない自由が誰にでもあること、産みたくなる・産める社会になっていないことの認識をインプットしてほしいです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      お茶の水女子大学附属幼小中(→その後筑波大附属高)出身者です。もちろん学習院と環境は異なりますが、中学はとりわけ、人数少なめで、生徒会などによる「民主主義」を先生たちが非常に重視してくれる素晴らしい学校です。眞子さまの件があったために反発する人が多いようですが姉と弟は別ですし、高校は女子高になるのでいずれにせよそのタイミングで判断は問われます。そもそも女性宮家の創設の可能性などもある中、将来の方向性が定まらないまま教育方針を決めて行かなければならない秋篠宮家の(皇太子ご夫妻ももちろん)ご心労もいかばかりか…。平成がもうすぐ終わり、皇室も少しずつ変わりつつある中、安倍首相は目をそらしたいのかもしれませんが議論をはじめないといけないのではないでしょうか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      マニュアルの不在や組織管理の不備は確かにあるでしょうから、根本的な原因を探り再発防止策を打つのはいいとは思いますが、個人が負担するのはどうなのでしょう。そもそも保険に入っていないのでしょうか。億円単位とかの損失が出たときはどうするのでしょうか。金額の分担も7人で相談するとなっていて、7人の関係が良ければいいですが、責任のなすりつけ合いにもなりそう。こういうときにどうするべきなのか、保険に加入すべきでないのかということを他の学校関係や教育委員会も含めて議論した方がよさそう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      確かにセクハラの判定には被害者側の受け止めを重視するというものがありますが、「端から見てグレーに見えても本人にとって非常に苦痛であれば黒とする」のと「端から見て真っ黒でも本人が気にしてませんよ~と言ったら白にする」というのでは大違い。後者が問題なしとなると、今後「お前訴えるなよ」という圧力が当然かかっていくことになりますよね。「女性社員が不快感を示しておらず」の背景、不快感を示せなかったのか、あるいは本当に不快感を感じていないならそうなるまで麻痺してしまったのかを考えて処分しないと、ハラッサーが重要なポジションについてしまうこと、「性的な言動で就業環境が害されたりすること」は防げないと思います…。

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      子育てしていて、本当に他にどうにもならないときに、子連れ出勤してもいい雰囲気があると助かります。たとえば幼稚園が学級閉鎖になってしまったけど自分の子どもは元気で、他に預け先はなくてどうしても出席しないといけない会議がある…そんなとき会議室でお絵かきさせていますから、子連れでもいいでしょうか…というのが許されたら、ありがたいと思います。私も土日にシンポジウムに登壇している間、受付の方に子どもと遊んでいてもらったことがあります。でも、それを日常、あるいは前提にされると、ほとんど仕事にならない業種は多いのでは。モーハウスは授乳服販売などで育児とビジネスが直結していることもあり成り立つかもしれませんが、政策としてはきちんと預け先を作っていくこと、企業としては在宅勤務やリモートでの会議参加などの選択肢を作ること、休まないといけないときにはちゃんと休めること…のほうが先決だと思います…。

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      若い女性たちの声を真摯に受け止め、記事にしてくれたことは評価できると思います。内容は「性的同意」などについて彼女たちに教えてもらっている、という様相で大人側が恥ずかしい限りですが…。女性編集部員もいるけれどその声が届く仕組みになっていない中で感覚がマヒしていたということで、こういう事例こそ、やはりダイバーシティ(年齢、性別、海外経験がある人や外国人)がきちんと確保されれば起こりにくくなるのではと思います。前向きな対話に昇華させた好事例としてこういうケースが増えるといいですね。声を上げた女子大生たちに感謝と敬意を表します。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中野円佳

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      指原さんの反応は確かに絶妙ですが、ゲストに番組外で丸くおさめてもらってフジテレビは反省なしでいいのでしょうか。そもそも指原さんは「気にしていない」とは言っておらず、きちんと「干されますように」と言う形で諌めているし、立場上本気で怒れないのは当然。これは職場で上司からイジリを受けて適度な切り返しをせざるをえないのと同じ構造と思います。それを「本人同士がよければそれでいい」みたいに捉えていいのかは疑問だし、「本人同士がよければそれでいい」ならテレビで何言ってもいいんですかね。番組側及び松本さんは、指原さんの機転に甘えないで、次の番組冒頭で何か釈明した方がいいと思います。

残り55

もっと見る