中島恵

ジャーナリスト 報告 オーサー

日本の給食は本当にすばらしい制度だと思います。とくに中国から見るとそのように感じますね。私が知っている中国の学校では、教室に業者のお弁当が届いたり、食堂に移動してバイキング形式で食べたりするところが多いです。
記事にあるように、みんな揃って「いただきます」「ごちそうさまでした」のような感謝の言葉はありません(中国語にはまったく同じ表現がない、ということもありますが)。
しつけや教育の一環としての食事ではなく、単にお腹を満たすための食事であり、みんなバラバラです。裕福な家の子は、アプリで自分の好きなご飯を注文して、机までデリバリーしてもらうこともあります。
みんなが平等に、栄養価の高い給食を一緒に配膳し、先生も会話しながら食べ、一緒に片づける。そこで協調性が生まれたり、勉強以外の大事な気づきもある。そうじ当番もそうですが、これはすばらしい教育の一環なのだと、改めて思います。

中島恵

ジャーナリスト

山梨県生まれ。フリージャーナリスト。著書は「中国人は見ている。」、「日本の『中国人』社会」、「なぜ中国人は財布を持たないのか」「中国人の誤解 日本人の誤解」、「中国人エリートは日本人をこう見る」(以上、日本経済新聞出版社)、「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」、「中国人エリートは日本をめざす」(以上、中央公論新社)、「『爆買い』後、彼らはどこに向かうのか「中国人富裕層はなぜ『日本の老舗』が好きなのか」(以上、プレジデント社)など著書多数。中国、香港、台湾、韓国などの文化、社会事情&ビジネス事情を取材し、ネット媒体や書籍等に執筆している。

中島恵の最近の記事

中島恵の最近のコメント

  • 「アフターコロナ」の観光業に必要なものとは コロナ禍でも好調維持する台湾のホテルから考える【世界から】写真

    47NEWS 9月22日(火) 10時32分

    中島恵

    |

    冒頭で「台湾の観光業が苦戦している。台湾政府が特別予算を組んでテコ入れに必死である」と書いてあり、そ...続きを読む

  • 元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音写真

    週刊女性PRIME 9月17日(木) 17時01分

    中島恵

    |

    ル・クプルの『ひだまりの詩』、とても懐かしいですね。大好きでした。藤田恵美さんの透明感のある歌声にも...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント