Y!オーサー

中島恵

ジャーナリスト

中島恵

山梨県生まれ。フリージャーナリスト。著書は「日本の「中国人」社会」、「なぜ中国人は財布を持たないのか」「中国人の誤解 日本人の誤解」、「中国人エリートは日本人をこう見る」「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」、「『爆買い』後、彼らはどこに向かうのか?」、「中国人エリートは日本をめざす」、「中国人富裕層はなぜ『日本の老舗』が好きなのか」など多数。中国、香港、韓国などの文化、社会事情&ビジネス事情を取材している。

  • 参考になった136729

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      アメリカ原産といっても、今では中国でほとんど養殖しているので、米中貿易戦争には関係のない話ですが、中国でザリガニがブームになっていることは確かです。中国人がザリガニを食べるようになったのは10年以上前からですが、ここ数年は急激にザリガニ専門店が増えました。
      理由は食の多様化とSNSの影響で、①ちょっと珍しい料理で話題だから(以前からあったとはいえ専門店はメジャーではなかった)、②養殖でサイズや味が安定し、唐辛子やニンニクなどの味付けもよくなって研究されてきたから、③ビニール手袋をして、自分でむいて食べるというスタイルが新鮮で楽しいから、④真っ赤なザリガニの山盛りにむしゃぶりつく姿がインスタ映えしてSNSに投稿しやすいから、などが挙げられます。
      ザリガニの調理人の初任給1万元は、北京大学の文系の卒業生よりも高くてびっくりですが、今は需要が大きいので、一時的に高くなっているのだと思います。

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      中国では6月~8月がザリガニの旬です。近年、ザリガニ人気は高まっており、レストランで注文すると真っ赤なザリガニが大きな器に山盛りで出てきて、自分で手袋をつけて剥いて食べます。中国では需要のあるところには、必ずそれをやってくれる人や、それに合ったビジネスが発生します。上海でごみの分別ビジネスが急に生まれるの同じ発想ですね。
      給料ですが、記事にあるように、有名大学の初任給と変わらないか、それ以上の高収入を得るようになってきました。都市部ではホワイトカラーとブルーカラーの給料の差は詰まってきており、ブルーカラーでも特殊技能を持っていれば、それなりにいい給料を得られるようになってきているのが特徴です。ただし、ザリガニをあまり食べないシーズンもありますので、不安定な職業ともいえ、当然リスクも伴います。

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      山梨県出身者である自分からすると「山梨のマチュピチュ」と呼ぶのは、少々大げさな気がしますが、確かに1990年代初頭、最初にこのエスカレーターができたときには、大きな話題になりました。開発した当初、高台の土地利用として、先駆的な取り組みだったと思います。
      今でも「これが、あの!」と記念写真を撮りにわざわざ来る人はいます(遠くから撮らないと、あのエスカレーターの長さがわからないのですが……)。
      中央本線の高尾駅から大月・甲府方面の電車に乗ると右手に見えてくるので、ぜひ気をつけてみて下さい (ただし、中央本線は中央線のように電車の本数が多くないので、下車する際はお気をつけて)。

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      これほど日韓関係が悪化すれば、どうしても影響が出てきてしまうのは、致し方ないと思います。とくに団体ツアーは政府の意向をもろに受けるのが常ですので。残念ながら、この傾向はしばらく続く可能性が高いでしょう。
      しかし、もともといた日本好きな個人客まで完全にいなくなるとは思えません。このような逆風の中でも日本に来たいと思ってやってくる個人客を大切にしていただきたいです。
      いずれにしても、国家間の関係がこれほどこじれてしまった以上、世の中の空気もあり、行きづらい雰囲気であることは確かで、観光に大打撃があることは間違いありません。長引くと、さらにさまざまな分野にじわじわと影響が広がっていくことが予測されます。

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今回の放火事件は、台湾、中国などを始め、世界中で大きく報道されており、いかに日本のアニメが世界中の人々に愛され、影響を与えているかがよくわかります。日本のアニメがいきがいだ、という人々も多いでしょう。SNSでも追悼文を掲載する台湾人、中国人が多く、何か自分たちに支援できることはないだろうか、といった輪が広がっています。
      将来、日本のアニメ界でもっともっと活躍するはずだった若い方々が、このような悲惨な事件に巻き込まれてしまったことに、怒りや悔しさ、やりきれなさを感じています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      香港の人口は800万人近いので、200万人規模のデモということは、つまり、市民の4分の1の人がデモを行ったということに相当します。これはものすごい数字です。日本に例えていえば、九州と四国に加え、西日本のさらに数県のすべての人がデモに参加したというくらいの、あり得ないほどの人数、規模感になります。香港にはフィリピン人、インドネシア人ほか、欧米人も数多く働いており、彼らの多くも参加しました。
      また、印象的だったのは、若者が多いのに、整然と、秩序よくデモが行われたことでした。香港が長年、欧米との交流で培ってきた中で学んだ、よいところでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      条例改正の延期だけで満足するのではなく、完全撤回を求める香港民衆のデモには迫力があり、強い意思が感じられます。とことん、香港政府を信じていない証拠ですね。民意が政治を動かすことができるのだ、という画期的な事例となることでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      本論と少し外れる話ですが、中国国内での海外メディアの報道が遮断された(テレビ画面が真っ黒になった)=情報統制された、といつも日本のメディアでは報道していますが、中国で海外メディア(主に海外のテレビ)を見られるような立場の人は、インターネットで香港や欧米、日本などのメディアにアクセスできる人であり、海外の情報は入手できています。それに、中国にいる人の中で、海外の報道に関心がある人は、そもそも「テレビ」という旧メディアから情報を入手しようなどとは思っていません。中国で、政府に都合の悪い情報が統制されていることは事実ですが、テレビの画面が真っ黒になったというシーンを毎回持ち出し、それによって「だから、中国人は(みんな)情報統制されている」というような短絡的な報道の仕方には、違和感があります。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      中国、韓国など近隣の国から来日する観光客は、大概、短期間の滞在が特徴的です(逆に来日までの移動時間が長い欧米からの観光客は、日本に滞在している時間が長いという傾向が見られます)。そのため、中国人にとって、短時間で効率よく移動でき、かつインスタ映えする「いかにも日本らしい」関東地方の観光地が好まれます。もちろん、東京ディズニーランドは、そのどちらも満たしている上、施設の充実度や、運営するスタッフのおもてなしにより、大人気というのは納得といえるところでしょう。
      また、中国人は一般的なマスコミよりも口コミを重視するため、トリップアドバイザー的な情報もよく見ているといえます。東京駅は記念写真に格好の場所であり、買い物もできるという意味で、口コミで人気が広がっていったスポットだと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 中島恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      中国ではここ数年、自国映画やアニメを優先、育成させるために海外作品の上映を制限してきましたが、自国作品も育ってきて、ファンからの要望も根強いことから、このような流れになったのではないかと思います。中国の30代以下の人々は、幼い頃から、海賊版などで日本のアニメ、とくにスタジオジブリの作品に親しんできたので、喜びもひとしおだと思います。今日、中国のSNSで喜びを爆発させている中国人も大勢いました。このようにして、日本の文化が隣国で受け入れられるのは、すばらしいことだと思います。

残り77

もっと見る