室橋祐貴

日本若者協議会代表理事 報告 オーサー

日本のメディアはなぜか全米支持率ばかりを取り上げるが、全米支持率を見ても大して意味はない。米大統領選は州ごとの勝者勝ち取り方式になっており、一部の層(州)から圧倒的な支持を得るよりも、全体的に満遍なく支持を得ることの方が重要だからだ。大統領になるには270人の選挙人を獲得する必要があるが、過去6回の大統領選ですべて民主党が勝った州(19州)の選挙人を足すと242人となり、共和党は102人(13州)。この時点で、民主党候補は28人の選挙人を獲得すれば勝つことになる。
そして、支持層が分かれている激戦州において、共和党候補はそのほぼ全てで勝つ必要があるが、現在は逆にヒラリー候補の支持率が大きく上回っている。現実的に考えれば、残り10日で全て逆転するのは不可能であるし、少なくとも「1%差」とあたかも急接近しているかのように報じるのは適切ではない。

室橋祐貴

日本若者協議会代表理事

1988年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、慶應義塾大学政策・メディア研究科修士1年。若者の声を政策に反映させる「日本若者協議会」代表理事。専門・関心領域は社会保障や財政、労働政策、若者の政治参画など。yukimurohashi0@gmail.com

室橋祐貴の最近の記事

室橋祐貴の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    室橋祐貴

    |

    第一歩として導入するのは評価に値するが、対象となる「住民税非課税世帯」は世帯所得が200万円台以下の...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    室橋祐貴

    |

    ジハーディ・ジョンが死亡しても既に「第二のジハーディ・ジョン」が誕生している。「第二のジハーディ・ジ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント