森田泰史

スポーツライター 報告 オーサー

サッカーにおいて、18歳以下の外国人選手の扱いは、年々厳しくなっています。
ヨーロッパでは、スペインのバルセロナが、FIFAから厳しい処分を受けました。その影響で、久保建英選手(レアル・マドリー所属/現在マジョルカにレンタル中)が日本に帰らざるを得なくなったのは、記憶に新しいところです。
例えば、スペインでは、その選手(青年)が何の目的で来たかを明確に定めるのが難しい状況があります。以前であれば、ある種その辺りの「グレーゾーン」が許容されていたのが、近年のFIFAの方針では許されなくなってきました。
このことを日本に置き換えると、「外国人留学生はサッカーの公式戦に出場できない」となります。これが、白と黒をハッキリさせられる決定になるからです。
ただ、この件は日本だけが特別に割りを食っているわけではなく世界的な流れです。
いまは国内の選手の強化にあたる機会と捉えて前進していくしかありません。

こちらの記事は掲載が終了しています

森田泰史

スポーツライター

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

森田泰史の最近の記事

森田泰史の最近のコメント

  • FIFA、2022年W杯延期も視野に検討 2年先なれどマイナス要因ばかり

    サンケイスポーツ 6月6日(土) 5時00分

    森田泰史

    |

    2022年のFIFAワールドカップが延期されるとなれば、開催国カタールには少なくない打撃がありそうで...続きを読む

  • 大坂なおみ、“政治発言”への批判に持論「ただ楽しませればよいという意見が大嫌い」写真

    THE ANSWER 6月5日(金) 10時55分

    森田泰史

    |

    日本では、アスリートが政治的な発言をすることは、今も昔もあまり好意的には受け止められません。逆に、非...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント