森井昌克 認証済み

神戸大学大学院工学研究科 教授 報告

サイバー攻撃に対する詳細な報告がなされていないことから必ずしも原子力規制委員会を標的としたサイバー攻撃か否かは確かではありません。つまり、広く世界中のすべての組織、極端にはインターネット上のすべてのサーバに対するサイバー攻撃が行われて、その攻撃によって被害を受けている多くのサーバの一つが当委員会であったという見方です。委員会への特有の攻撃ではなく、一般的な脆弱性を狙った攻撃で、当委員会がその対処を怠っていた可能性は十分あり得ます。我々は昨年、大阪府内中小企業30社に対して、長期間にわたりサイバー攻撃の詳細な調査を行った結果、攻撃は広範囲に行われており、多数の企業が気づかずに被害を受けていることを明らかにしました。今回も委員会が狙われたわけではなく、広範囲への攻撃で、当委員会への攻撃が成功して、被害を受けたという見方も可能なのです。この場合、より大きな問題を抱えていると言えなくもありません。

森井昌克 認証済み

神戸大学大学院工学研究科 教授

1989年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程通信工学専攻修了、工学博士。同年、京都工芸繊維大学助手、愛媛大学助教授を経て、1995年徳島大学工学部教授、現在、神戸大学大学院工学研究科教授。情報セキュリティ大学院大学客員教授。情報通信工学、特にサイバーセキュリティ、インターネット、情報理論、暗号理論等の研究、教育に従事。加えて、インターネットの文化的社会的側面についての研究、社会活動にも従事。内閣府等各種政府系委員会の座長、委員を歴任。2018年情報化促進貢献個人表彰経済産業大臣賞受賞。 2019年総務省情報通信功績賞受賞。2020年情報セキュリティ文化賞受賞。電子情報通信学会フェロー。

森井昌克の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    森井昌克認証済み

    |

    福岡県が重要な個人情報を公開していたこと自体が大きな問題であることは明らかです。しかし、それよりも問...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    森井昌克認証済み

    |

    何らかのシステムの脆弱性を利用して不正アクセスを行い、記録されているデータベース内の個人情報を搾取さ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント