森井昌克 認証済み

神戸大学大学院工学研究科 教授 報告

SMS認証を突破することもさほど困難ではありません。いくつかの手口がすでに知られていますが、その中で古典的な手口としては認証代行による不正取得です。要するに手数料を払って第三者に携帯電話(スマホ)を契約してもらい、それを受け取って犯罪に利用する方法です。携帯電話ではなく、不正な銀行口座を取得する手口と同様です。たとえ携帯電話の契約時に本人認証を厳しくしたとしても、そのリスクを犯して余りある不正行為による利益がある場合、高額な手数料を払っても、犯罪を犯そうとする輩は湧き出てくるでしょうし、その手数料に目がくらんで安易に手を貸す愚かな人も後を絶たないでしょう。不正行為による利益が多額でなくなり、犯罪者にとって割に合わない仕組みや工夫を作ることが望まれます。

こちらの記事は掲載が終了しています

森井昌克 認証済み

神戸大学大学院工学研究科 教授

1989年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程通信工学専攻修了、工学博士。同年、京都工芸繊維大学助手、愛媛大学助教授を経て、1995年徳島大学工学部教授、現在、神戸大学大学院工学研究科教授。情報セキュリティ大学院大学客員教授。情報通信工学、特にサイバーセキュリティ、インターネット、情報理論、暗号理論等の研究、教育に従事。加えて、インターネットの文化的社会的側面についての研究、社会活動にも従事。内閣府等各種政府系委員会の座長、委員を歴任。2018年情報化促進貢献個人表彰経済産業大臣賞受賞。 2019年総務省情報通信功績賞受賞。2020年情報セキュリティ文化賞受賞。電子情報通信学会フェロー。

森井昌克の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    森井昌克認証済み

    |

    福岡県が重要な個人情報を公開していたこと自体が大きな問題であることは明らかです。しかし、それよりも問...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    森井昌克認証済み

    |

    何らかのシステムの脆弱性を利用して不正アクセスを行い、記録されているデータベース内の個人情報を搾取さ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント