水島宏明

上智大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター 報告 オーサー

性暴力についての個々の対応は各地で少しずつ進んでいる。もちろんまだ不十分な面もあるだろうが、全体的には社会がこの問題に対処する動きとして歓迎すべきことである。
だが、首都圏に住んでいる人間にとってはこうした細かいニュースを報道機関を通じて知る機会は多くない。首都圏は政治や行政、経済などで大きなニュースが多いため新聞やテレビなどの報道機関は地域での細かい対応を丁寧に伝えない傾向がある。
他方で三重県などの地方をカバーするローカル新聞はこうした情報を丁寧にニュースをする。
 こうした小さなニュースがプラットフォームであるヤフーニュースが掲載されることで三重県以外の人たちにも読まれることで、それぞれの地域で、こうした行政の対応が必要だとの認識が広がっていけば、社会がより良い方向に進んでいく。
ネットメディアを通じ地方紙の小さなニュースが広がる。ネット時代の報道の「意味」を感じさせるニュースだ。

こちらの記事は掲載が終了しています

水島宏明

上智大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

1957年生まれ。東大卒。札幌テレビで生活保護の矛盾を突くドキュメンタリー『母さんが死んだ』や准看護婦制度の問題点を問う『天使の矛盾』を制作。ロンドン、ベルリン特派員を歴任。日本テレビで「NNNドキュメント」ディレクターと「ズームイン!」解説キャスターを兼務。『ネットカフェ難民』の名づけ親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。2016年から上智大学文学部新聞学科教授(報道論)。放送批評誌「GALAC」編集長。近著に「内側から見たテレビーやらせ・捏造・情報操作の構造ー」(朝日新書)、「想像力欠如社会」(弘文堂)

水島宏明の最近の記事

水島宏明の最近のコメント

  • 都の感染者、81人が経路不明

    共同通信 4月4日(土) 19時00分

    水島宏明

    |

    東京都が用意した病床数を入院患者が上回ってしまった。例えるなら、ついに水が容器から溢れ出てしまった状...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    水島宏明

    |

    新型コロナ特別措置法についての首相の記者会見なのに、記者たちから「緊急事態宣言」が出た場合の放送局へ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント