Y!オーサー

水島宏明

上智大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

水島宏明

1957年生まれ。東大卒。札幌テレビで生活保護の矛盾を突くドキュメンタリー『母さんが死んだ』や准看護婦制度の問題点を問う『天使の矛盾』を制作。ロンドン、ベルリン特派員を歴任。日本テレビで「NNNドキュメント」ディレクターと「ズームイン!」解説キャスターを兼務。『ネットカフェ難民』の名づけ親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。2016年から上智大学新聞学科教授。近著に「内側から見たテレビーやらせ・捏造・情報操作の構造ー」(朝日新書)

  • 参考になった3663

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      以前、若い女性弁護士のドキュメンタリーを制作した時に、クレプトマニアの中年女性が万引きで逮捕・起訴された裁判を取材。わずか数千円の窃盗でも、再犯で実刑は確実でした。女性弁護士は「病気なので刑務所に収監しても外に出ればまた同じことをする。必要なのは刑務所より、治療する病院だ」と切々と訴え、最終的には依存症の専門病院に入院しました。この取材で、いかに同じ様なケースが多いか、また「治療」を優先させる視点はまだ少数派であることも実感。テレビでも「万引きGメン」が万引き常習犯を捕まえて、警察に突き出す場面は数多く放映されても、その原因はほとんど報道されません。奈良県でこうした動きが出てきたことやそれがきちんと報道されたことは望ましいこと。法律を侵したかどうかの単純な二分法でなく、こうした病気による犯罪をどうすればなくしていけるのか、社会全体を意識して考える報道が必要な段階に入っていると思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      安藤優子は初回からやはり安定感がありました。高橋克実と並んだ「画づら」も安心感がある。出だしとしては悪くない。視聴率は視聴習慣が左右するので、この顔ぶれだと見てしまう。ネットで話題になっている「父親が娘とジャンプ」の見せ方も面白かった。見る側が慣れてくれば半年ほどで視聴率は上がってくるはず。この時間帯は中高年の女性視聴者が多いので高橋克実がもっと親しみやすさを出していけば、次第に「ミヤネ屋」と「グッディ」の2強時代になるのでは?

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      報道の仕事にたずさわる人間、なかでも自ら画面に出て話をする人間はこうした利益供与を受けてはいけないということは報道の世界での大原則です。それが守られていなかったということは、社員に対して「ジャーナリズム」の意識が徹底されていなく、管理職の指導が甘かったと言えると思います。他のアナウンサーらにも同様の事例がなかったのか、社員やスタッフを徹底調査する必要があると思います。上重アナがこんな基本的なことさえわからなかったのかと残念です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      番組の冒頭では言及しないのが通例ですが、不祥事があった場合、どこかで(CMとCMの間や番組の最後近くなどで)短くコメントする可能性はあるとは思います。不適切な放送をした場合などはこうした形をとることが多いです。まだ会社として事実確認や処分などを含めて決定していない可能性があるため、本日の放送中にそれを表明するかどうかは不明ですが、明らかなコンプライアンス違反なので明日以降はさすがに出演を見送るのではないかと推測します。いずれにせよ、彼が何も言わず出演を続ける限り、毎回、マスコミ各社に注目されてしまうので、会社にとってもイメージダウンになっていることは確かです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この男性の言い分と週刊文春の記事、問題のVTRを見ると、N記者の取材は明らかに不適切です。「再現映像」なのに、それを隠してリアルであるかのように放映しているので「やらせ」と言われても仕方ないケースです。
      それとは別に、組織の危機管理のありかたとしても今回のNHKの対応には疑問が残ります。週刊誌の記事が出た当初、NHK側は「やらせはなかった」と否定していました。否定せずにすぐこの男性に事情を聞くなど、迅速で誠実な対応をしていれば男性が記者会見を開くことなどなかったはずです。
      N記者の確信犯的な「やらせ」にくわえて、組織としての危機管理のまずさも手伝って『クローズアップ現代』にかかわる多くの真面目な記者やディレクターらのスタッフが視聴者の信頼を失ってしまうのは大変残念なことだと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      関連動画をみて、というのがこの事件のポイントだと思う。青少年に悪影響を及ぼす映像になぜアクセスできるのか。テレビは殺害映像そのものは放送していないにせよ、その橋渡しをしていることはないのか。
      表現の自由もかかわる問題だが、人の命にかかわるような影響を与えるならば、科学的な知見を元になんらかの対策が必要だと思う。少なくともテレビは専門家の力も借りて自己検証をすべきだと思う。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 水島宏明

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      当初は年度内と言っていて、またも延期である。東電はどうしてできない約束をしてしまうのだろう。怖いことだが、何度も繰り返されると聞く側も神経がマヒして来て、「ああああ、またか」と思うだけになってくる。すべてが順調に行くシナリオをいつまで東電に言わせておくのか。もっと現実的なシナリオを出させるところからメディアも対応すべだと思う。思えば事故4周年のタイミングで、5月末でも処理が厳しいことを東電側も知っていたはず。メディアは東電の発表を待つしかないという構図は事故の前となんら変わりないことに歯がゆさを覚える。