【新型コロナウイルスに関する注意】
誤情報や不確かな情報が出回りやすくなっています。「新型コロナウイルス感染症まとめ」や、公的機関で発表されている情報をご確認ください。※注意喚起のため、すべてのページに表示しています

Y!オーサー

宮下幸恵

NY在住フリーライター

宮下幸恵

NY在住元スポーツ紙記者。2006年からアメリカを拠点にフリーとして活動。宮里藍らが活躍する米女子ゴルフツアーを中心に取材し、新聞、雑誌など幅広く執筆。2011年第一子をNYで出産後、子供のイヤイヤ期がきっかけでママ向けコーチングの手法を学ぶ。NPO法人マザーズコーチ・ジャパンの認定コーチに。『「ダメ母」の私を変えたHAPPY子育てコーチング』(佐々木のり子、青木理恵著、PHP文庫)の編集を担当。

  • 参考になった67

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 宮下幸恵

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      感染が拡大するニューヨークでは、公立校の閉鎖は「最終手段」としてニュヨークタイムズ紙(以下NYT)で取り上げられている。

      マンハッタンにある超名門私立校が3月6日を休校とする一方、NYTの記事によると、公立校に通う75万人の生徒は「貧困」の状態にあるとし、そのうち「11万4000人」はホームレスだという。その状況下では、家に帰ってもwifiがない生徒が多く、遠隔授業はままならない。

      私の経験では、私立の幼稚園では、学校でのPTAミーティングがネット中継され仕事中でも、自宅で掃除中でもwifiさえあれば参加できたが、公立校では先生によってはメールアドレスも保護者に公開していないこともある。

      教育は誰もが受けるべき権利。ITサービスの拡大が、格差を広げることになってはいけない。