南龍太

記者 報告 オーサー

「子供が被害を受けてはならない」は全くその通りで、異論をはさむ余地はありません。
全米で先んじて、カリフォルニア州のサンフランシスコ市では今年6月、電子たばこを実質販売禁止とする条例案が米主要都市で初めて可決されました。
一方、ニューヨーク市によると、2017年時点で、高校生の6人に1人以上が電子たばこを使用し、たばこを喫煙するケースの3倍多いと報告されています。「ミントとメンソールのフレーバーが若者による電子たばこ使用の主因」と指摘しています。
シンガポールやタイでも電子たばこの販売や持ち込みが禁止されており、世界的に規制強化の動きがみられます。

こちらの記事は掲載が終了しています

南龍太

記者

政府系エネルギー機関から経済産業省資源エネルギー庁出向を経て、共同通信社記者として盛岡支局勤務。その後大阪支社と本社経済部でエネルギーをはじめ、流通や交通、電機などの業界を担当。現在ニューヨークで移民・外国人、テクノロジー、未来学(Futurology/Futures Studies)を中心に取材、AIに関する書籍を執筆中。主夫。著書に『エネルギー業界大研究』、『電子部品業界大研究』(いずれも産学社)など。ペルシア語専攻卒。新潟県出身。お問い合わせ先ryuta373rm[at]yahoo.co.jp

official site

南龍太の最近の記事

南龍太の最近のコメント

  • 南極で初の20度超え 史上最高気温20.75度を観測

    AFP=時事 2月14日(金) 7時22分

    南龍太

    |

    本文で「一度限りの気温であり、同地での長期的なデータセットの一部ではないため、気候変動の傾向という点...続きを読む

  • 新型肺炎 千葉県在住の20代会社員男性感染 発症後3日程度勤務写真

    産経新聞 2月13日(木) 23時27分

    南龍太

    |

    ニューヨーク市では検査を受けた人はいずれも陰性で、感染者は報告されていません。
    ただ、地元民のほか観...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント