松岡宗嗣 認証済み

一般社団法人fair代表理事 報告

履歴書の性別欄と(スーツや化粧など)見た目の性別の違いから必然的にカミングアウトを求められ、その場で面接を打ち切られたというトランスジェンダー当事者の声をよく耳にします。

ジェンダーギャップ指数が121位の日本。性別欄の削除はトランスジェンダーのみならず性差別をなくすという点からも望ましい動きです。

採用において、仕事で求められる能力以外の情報は基本的に不要なはず。顔写真や性別、年齢などによって書類選考でバイアスがかかり能力以外の属性で判断されてしまうことは公正な採用とは言えません。

情報の把握と差別は別次元というコメントもありますが、必ずしも履歴書の段階から全ての情報は必要ではないでしょう。「ややこしい」「めんどくさい」などというコメントもありますが、こうした考えからマイノリティは雇用の機会を奪われ続けています。

こちらの記事は掲載が終了しています

松岡宗嗣 認証済み

一般社団法人fair代表理事

2018年明治大学政治経済学部卒。政策や法制度を中心としたLGBTに関する情報を発信する「一般社団法人fair」代表理事。ゲイであることをオープンにしながら、HuffPostや現代ビジネス、Forbes等でLGBTに関する記事を執筆。教育機関や企業、自治体等での研修・講演実績多数。2015年、LGBTを理解・支援したいと思う「ALLY(アライ)」を増やす日本初のキャンペーンMEIJI ALLY WEEK発起人。

松岡宗嗣の最近の記事

松岡宗嗣の最近のコメント

  • 二次会の店で「セクハラ被害」訴え後、異動させられた…NTTドコモ元社員が提訴写真

    弁護士ドットコム 12月3日(木) 17時32分

    松岡宗嗣認証済み

    |

    男性のセクハラ被害や性暴力被害は軽視されやすい背景があります。男女雇用機会均等法のセクハラ防止指針に...続きを読む

  • ゲイだと暴露「許されない行為なのは明らか」 一橋大学アウティング事件、遺族の控訴は棄却写真

    BuzzFeed Japan 11月25日(水) 18時02分

    松岡宗嗣認証済み

    |

    アウティングが不法行為だと判断されたことは画期的。一方で、一連の大学側の相談対応などは適切だったとは...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント