松岡宗嗣 認証済み

一般社団法人fair代表理事 報告

アウティングによる自死や、自死未遂による訴訟、精神疾患になり労災申請をするケースなど、近年アウティングによる被害がより顕在化してきています。

もちろんゴールはわざわざ条例で禁止しなくても「アウティングされたところで何も問題がおきない社会」であり、並行して、性の多様性に関する適切な認識は広げていかなければ根本的な問題は解決しません。

ただ、現実的にアウティング被害は深刻で、かつ様々なところで起きてしまっています。「あの人ゲイなんだって」というような噂や笑い話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

私は”過渡期”としてこうした条例は必要な制度だと考えますし、他の自治体にも広がってほしいと思います。

「禁止」と聞くと強い印象を受ける方も多いと思いますが、基本的に「本人に確認をする」ことが重要で、本人が問題なければ第三者に伝えても問題ないという点は抑えておきたいところです。

松岡宗嗣 認証済み

一般社団法人fair代表理事

2018年明治大学政治経済学部卒。政策や法制度を中心としたLGBTに関する情報を発信する「一般社団法人fair」代表理事。ゲイであることをオープンにしながら、HuffPostや現代ビジネス、Forbes等でLGBTに関する記事を執筆。教育機関や企業、自治体等での研修・講演実績多数。2015年、LGBTを理解・支援したいと思う「ALLY(アライ)」を増やす日本初のキャンペーンMEIJI ALLY WEEK発起人。

松岡宗嗣の最近の記事

松岡宗嗣の最近のコメント

  • コロナが狂わす「性別」に悩む人々の生活 手術中止、収入もゼロ 生きづらさ癒やす「場」に集う当事者たち【#コロナとどう暮らす】写真

    withnews 10月2日(金) 16時05分

    松岡宗嗣認証済み

    |

    災害や緊急時は「みんな大変だから」と特にマイノリティの人権は後回しにされやすい傾向があります。トラン...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松岡宗嗣認証済み

    |

    履歴書の性別欄と(スーツや化粧など)見た目の性別の違いから必然的にカミングアウトを求められ、その場で...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント