松岡宏高

早稲田大学 教授 報告 オーサー

観客の座席からピッチまでの距離が近いと臨場感があり、興奮や感動が得やすくて好ましいことは感覚的にわかると思います。実際にはどうなのでしょうか。この距離と観客の感じ方の関係を明らかにした研究が、昨年のアジアスポーツマネジメント学会で発表されました(大阪体育大学藤本研究室)。Jリーグの試合会場で座席からの距離を実際に測定して分析した結果、距離が近い観客ほど試合の雰囲気を十分に味わっている傾向があることが確認されたそうです。

こちらの記事は掲載が終了しています

松岡宏高

早稲田大学 教授

1970年京都生まれ。京都教育大学卒。オハイオ州立大学で博士号(Ph.D.)を取得。専門はスポーツマネジメント、スポーツマーケティング。特に、スポーツ消費者(実施者、ファン・観戦者)の心理や行動の解明を研究テーマとし、スポーツをする人、見る人が増える仕組みづくりを検討している。現在、早稲田大学スポーツ科学学術院教授。日本スポーツマネジメント学会運営委員、Vリーグ機構理事なども務める。著書に、スポーツマーケティング(共著:大修館書店)、図とイラストで学ぶ新しいスポーツマネジメント(共著:大修館書店)など。

松岡宏高の最近の記事

松岡宏高の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松岡宏高

    |

    各種スポーツにおいては、競技者の安全確保のために適切なルール設定や危険回避の対処が施されています。事...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント