本田雅一

フリーランスジャーナリスト 報告 オーサー

2013年のバイトテロブーム以降、よく似た事例について何度も取材、あるいはコラム執筆しているが、確かに教育は重要である。しかし、それだけで解決はしない。まして賃金水準もここではあまり関係がない。

バイトテロを行う従業員は、そもそも”問題とは感じていない”ことが多い。SNS利用のガイドラインを設定し、具体的な事例とともに違反行為を教え、契約書に賠償責任を盛り込んだとしても、元から感じていない人間の問題行動は防げない。
またバイトテロ実行者の多くは親の庇護下にあり、経済的に雇用者に依存していないことが多く雇用契約解消では抑止力となり得ない側面も。
個人の情報発信能力はスマホの普及で飛躍的に高まっている中、企業が訴訟へと向かう理由は、雇用する若年層に対するメッセージではなく、”許されない行為”という共通認識を作り出していこうという、家庭や教育現場への強い働きかけではないか。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 佐藤昌司

    |店舗経営コンサルタント

    厳罰化や厳しい対応はある程度は必要ですが限界があります。例えば、最近「あおり運転」が社会問題化し厳し...続きを読む

本田雅一

フリーランスジャーナリスト

IT、モバイル、オーディオ&ビジュアル、コンテンツビジネス、モバイル、ネットワークサービス、インターネットカルチャー。テクノロジとインターネットで結ばれたデジタルライフと、関連する技術、企業、市場動向について解説および品質評価を行っている。夜間飛行・東洋経済オンラインでメルマガ「ネット・IT直球レポート」を発行。近著に「蒲田 初音鮨物語」

本田雅一の最近の記事

本田雅一の最近のコメント

  • フォロワー獲得やりすぎ?学校“介入”に戸惑う生徒 県開設アカウント 教員「多忙化に拍車」写真

    西日本新聞 2月18日(月) 10時39分

    本田雅一

    |

    SNSアカウント……とりわけ写真や動画を中心としたアカウントにもっとも必要な要素は「共感」です。
    S...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    本田雅一

    |

    アルバイトによる不適切な動画が後を絶たない。過去に起きた謝罪案件が再び注目されに二度目の謝罪に追い込...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント