市川衛

医療の「翻訳家」 報告 オーサー

育児に対する常識が変わるかもしれないニュースです。

「液体ミルクや粉ミルクに頼って母乳育児しないなんていかがなものか」という意見もあります。
たしかに母乳育児のメリットは様々な研究で示唆されていますが、一方で母乳育児にこだわることによる母親への精神的な不利益などデメリットも指摘されています。

私が取材の中で知った知見による限りですが、「母乳育児は良いものだけれど、絶対にそうしなければいけないほどのメリットもない」というのが正直なところです。

粉ミルク・液体ミルクを使うことのメリットとして、父親が主体的に育児に関わる道を開く、というものがあります。これはとても大きなものです。

子どもを抱える家族が、「○○べき」という価値観に従わなくてもいい選択肢が増えつつある現状は歓迎すべきものだと思います

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 成田崇信

    |管理栄養士、健康科学修士

    液体ミルク発売当時、グリコ、明治に取材をし、それぞれの商品の特徴を紹介しましたが、SNSで話題になっ...続きを読む

市川衛

医療の「翻訳家」

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

市川衛の最近の記事

市川衛の最近のコメント

  • 「コーヒー1日3杯」を各社が勧める理由とは ~ポリフェノールと健康習慣~写真

    食品産業新聞社ニュースWEB 9月3日(火) 12時30分

    市川衛

    |

    国立がん研究センターを中心にしたグループが2015年に発表した研究で、全国の約9万人をおよそ19年間...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    市川衛

    |

    感染症の流行が起こった(もしくは疑われる)場合には、誤った情報が拡散されやすいことが過去の研究で示さ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント