市川衛

医療の「翻訳家」 報告 オーサー

JAFによれば、気温35℃の炎天下の駐車場に窓を閉め切った状態でミニバンを駐車した場合、エアコンを使用していない車両の熱中症指数は、わずか15分で人体にとって危険レベルに達しました。

乳幼児は自分の危険予知することも、異常事態が起きた時に自力で命を守る行動をとることもできません。「たった15分だから」と思わずに、だっこして一緒に外に出るなど、対策をとってもらえるように切に願います

こちらの記事は掲載が終了しています

市川衛

医療の「翻訳家」

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

市川衛の最近の記事

市川衛の最近のコメント

  • アビガンの投与開始

    共同通信 2月22日(土) 19時48分

    市川衛

    |

    「アビガン」(一般名ファビピラビル)は、国内で開発された医薬品です。新型インフルエンザが流行し、政府...続きを読む

  • マラソン応援自体が濃厚接触、観戦も控えるよう要望写真

    日刊スポーツ 2月18日(火) 20時56分

    市川衛

    |

    イベントを主催される側が、いまさらされているプレッシャーや不安が伝わってくるニュースです。

    マラソ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント