市川衛

医療の「翻訳家」 報告 オーサー

ストレスが、がんの発症や進行に悪い影響を与えるということは以前から言われており、ほぼ定説化しています。記事の研究は、そのメカニズムの一端をマウスの実験によって確かめたものです。

記事では製薬への可能性について言及していますが、薬の開発には、ものすごく長い時間とお金がかります。あくまで、将来的な可能性ととらえたほうが良いかもしれません。

がんを抱えた人は、将来への不安や他者との関係性で生きづらさを感じやすく、それによるストレスを抱えやすい状況に置かれます。

近年では、がんの当事者や経験者同士の気兼ねない交流を目的とした取り組みや、(がんのステージに関わらず)苦痛を軽減させる緩和ケアなどの重要性が指摘されています。

こうした取り組みの大切さを改めて感じさせてくれる、という意味で記事の研究は意義のあるものと思います。

こちらの記事は掲載が終了しています

市川衛

医療の「翻訳家」

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

市川衛の最近の記事

市川衛の最近のコメント

  • 「コーヒー1日3杯」を各社が勧める理由とは ~ポリフェノールと健康習慣~写真

    食品産業新聞社ニュースWEB 9月3日(火) 12時30分

    市川衛

    |

    国立がん研究センターを中心にしたグループが2015年に発表した研究で、全国の約9万人をおよそ19年間...続きを読む

  • 大手コンビニに液体ミルク 月内に販売開始、認知度向上へ写真

    共同通信 8月8日(木) 14時56分

    市川衛

    |

    育児に対する常識が変わるかもしれないニュースです。

    「液体ミルクや粉ミルクに頼って母乳育児しないな...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント