市川衛

医療の「翻訳家」 報告 オーサー

白血病は、血液を流れる細胞(白血球、赤血球、血小板)のもとになる細胞が、成熟する途中でがん化する病気です。

アスリートとして今後の活躍が嘱望されている池江選手にとって、とつぜん病を抱えることになったショックは察して余りあります。

しかし、ご本人がツイッターで述べられているように、白血病は「治療によって完治する」病でもあります。治療成績も年々向上しています。

落ち着いた環境で治療に専念され、健康を取り戻されるよう願っています。

市川衛

医療の「翻訳家」

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

市川衛の最近の記事

市川衛の最近のコメント

  • 五輪リレー種目にも大打撃「厳しい状況」 池江璃花子選手白血病公表写真

    産経新聞 2月12日(火) 19時51分

    市川衛

    |

    とつぜんの病に見舞われて、一番ショックを受けているのは池江選手ご本人と思います。この段階で、「あなた...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    市川衛

    |

    インフルエンザが非常な流行をしています。

    インフルエンザやかぜを予防するための根拠のあるものとして...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント