Y!オーサー

市川衛

医療の「翻訳家」

市川衛

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

  • 参考になった251466

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ファビピラビル(商品名アビガン)に治療効果が見られたと中国政府が発表しました。

      ファビピラビルは、国内で開発された医薬品です。新型インフルエンザが流行し、政府が判断した場合のみ使えるという条件で2014年に承認されたものです

      すでに国内でかなりの量が備蓄されていますので、本当に効果があるとすれば朗報です

      ただ現時点では、安全性や効果が十分に検証されているとは言い切れません。感染症指定医療機関などで、診断が確定したかたむけに、臨床投与とデータの収集が進められている段階です。一般の病院やクリニックなどで、新型コロナウイルスの診断を受けていない人が予防的に使えるものではありません

      期待が持てるニュースである一方で、現時点では「集会を避ける」「手洗いを心掛ける」など効果がある程度実証されている、これまでと同様の対策を続けていこうと思います

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      いまの事態に対し、何かできないか、その思いで発案されたことと思います。
      すでにSNS上で否定的なコメントが多くつき、孫さんご自身も撤回も視野に入れた意見を発していらっしゃるようです。柔軟な意見の変更、素晴らしいです。

      PCR検査を含め医療における検査はすべて「不確実性」を伴います。簡単に言えば、「外れることもある」ということです。100万人という規模で行った場合、その「外れた」人も大量になります。現状では、その外れた人の濃厚接触者も管理せねばならず、調査業務を行っている保健所が破綻してしまいます。

      孫さんの行動力と資金と能力と高い意思をほかの本当に役立つものに使ってくださったら幸いです。

      医療機関・介護施設へのマスク・アルコールの手配や、いま紙ベースと電話聞き取りで行われている積極的疫学調査のIT化の支援など、本当に役立ち感謝される取り組みがあります。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      いまの事態に対し、何かできないか、その思いで発案されたことと思います。
      すでにSNS上で否定的なコメントが多くつき、孫さんご自身も撤回も視野に入れた意見を発していらっしゃるようです。柔軟な意見の変更、素晴らしいです。

      PCR検査を含め医療における検査はすべて「不確実性」を伴います。簡単に言えば、「外れることもある」ということです。100万人という規模で行った場合、その「外れた」人も大量になります。現状では、その外れた人の濃厚接触者も管理せねばならず、調査業務を行っている保健所が破綻してしまいます。

      孫さんの行動力と資金と能力と高い意思をほかの本当に役立つものに使ってくださったら幸いです。

      医療機関・介護施設へのマスク・アルコールの手配や、いま紙ベースと電話聞き取りで行われている積極的疫学調査のIT化の支援など、本当に役立ち感謝される取り組みがあります。

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      いま不安が高まっている時だからこそ、荒唐無稽なことを表明して自分の商品を売りたくなる人がいることもわかります。にんげんだもの。

      それに信じさせられてしまう人もいます。
      騙される人より騙す人を批判したいと思います。

      そのうえで全力でお伝えしたいのは、「免疫力を高める」という意味で全世界的に同意が取れている内容は下記です

      ※ぐっすり睡眠
      ※普通に3食
      ※外で運動
      ※不安感からくるストレスをためない

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請する考えが表明されました。

      なぜ学校なのでしょうか。ハイリスクなのは、成人及び高齢者とデータでは示されています。だとすると、まず対策すべきは職場と満員電車とは思いますが、小中高を優先すべきデータが新たに見つかったのでしょうか。

      そうだとすれば、意思決定のフローを透明性をもって示していただきたいと思います。

      対策する上で痛みや我慢があるのは仕方ありません。
      けれど、「どんな戦略のために休校なのか」が理解できないと、痛みを感じる側は、理不尽さを覚えてしかたないでしょう。

      誰がどんな根拠をもとに、どう意志決定したのか。説明がありますように。

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「アビガン」(一般名ファビピラビル)は、国内で開発された医薬品です。新型インフルエンザが流行し、政府が判断した場合のみ使えるという条件で2014年に承認されたものです。

      すでに国内でかなりの量が備蓄されていますので、もし効果があれば朗報です。

      しかし、まだ投与が始まったばかりです。本当に効果があるのか、あるとして、どのタイミングでどの量を使えばいいかなど、わからないことが少なくありません。そして副作用もあるとされていますので、それがどの程度のものかのチェックも必要になります。

      効果があるように祈っています。現場の皆様は本当にお忙しいと思いますが、投与を実施した経緯や結果の公表を迅速に、透明性をもって進めてくださいますように。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      イベントを主催される側が、いまさらされているプレッシャーや不安が伝わってくるニュースです。

      マラソン応援程度の接触は、たとえば満員電車に30分乗ることと比べれば、はるかに軽いものだとも言えます。もちろんリスクをできるだけ減らすのは大事ですが、ゼロリスクにしようとすれば「誰一人出勤せず、外出するべからず」となってしまいます。それでは社会が成り立たなくなってしまうので、良いところのバランスを探ることが大事です。

      いま、開催事務局のみなさまは本当に色々なリスクを考えて、胃を痛められていると思います。その人たちの想いに応えるためにも、わたしたち一人一人が冷静な対応をすることが大事です。

      「熱がありそうだったり、咳が出ていたりしたら、現場の応援に行かず、オンラインやテレビ観戦で想いを伝えよう」
      そう思うようにすることが、現状において役立つ姿勢だと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この写真は。。。。ちょっと象徴的ですね。

      マジレスすると、マスクしてマラソン走ると、酸素摂取量が低下するので危険です。

      実行委員会のみなさまは、なぜ配ってしまったのでしょうか。配られたら、ついついつけたくなるのが人情です。その判断はきっと善意からのものだったと思うのですが、批判されてしかるべしだと思います。まあ、ほとんどの人は走り始めて1km以内に苦しさでつらくなり、捨てたと思われますが。。。

      だとしても、これだけマスクの不足が言われている中で、気持ちはわかるけど、やっぱり、なにか間違っている気がしてしまいます。

      わたしもランナーです。マスク着けてマラソンしようと思うくらいに感染症が心配なら、多くの人が集まる大会は1回お休みして、秋くらいに向けて一人もしくは少人数で気持ちよくランニング練習したほうが気持ち良いかもしれないな、と感じました(^^)

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      まだ査読中のデータですが、実態の一端を示す貴重な報告です。

      この報告で主に示されているのは、潜伏期間の中央値が3日と、一般的に想定されていたより短めだったということです。

      見出しで強調されている「24日」という最大期間は長いですが、中央値が3日になるということは、かなりの外れ値(レアケース)ということを示しています。

      調査と情報公開によって、だんだんと実態が見えてきつつあります。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      期待を感じさせる発表内容ですね
      これまで中国やアメリカからも、ある薬が新型コロナウイルス感染症に効果があるかも?と期待を感じさせる報告が出ています

      ただ、それぞれまだ数少ない症例に対する報告です。
      本当に薬が効いたのか、はたまた人間にそもそも備わった自然治癒の力によるものかもはっきりとわかりません

      また本当に効果があるとして、どのくらいのタイミングでどのぐらいの量をどんな状態の人に使えばいいか分からなければ、実際の現場では使いにくいものになります。そして安全性(副作用はないか、あるとすればどの程度のものか)のチェックも必要になります

      こうした点を検討するのが、薬を使う人と使わない人を比較する臨床試験です。中国ではいま、新型コロナウイルス感染症に対する臨床試験が始まりつつあると報じられています。

      今後公表される、そうした試験の結果を注目したいと思います

残り99

もっと見る