Y!オーサー

市川衛

医療の「翻訳家」

市川衛

(いちかわ・まもる)医療の「翻訳家」/医療ジャーナリスト/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師。00年東京大学医学部卒業後、NHK入局。医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。【主な作品】(テレビ)NHKスペシャル「腰痛 治療革命」「医療ビッグデータ」ためしてガッテン「認知症!介護の新技」など。(書籍)「脳がよみがえる・脳卒中リハビリ革命(主婦と生活社)」「誤解だらけの認知症(技術評論社)」など。※記事は個人としての発信であり、いかなる組織の意見も代表するものではありません

  • 参考になった151385

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      食肉処理場から得た、死後4時間を経過したブタの脳に、合成した血液を含む液体を送り込んだところ、脳の神経細胞の一部に活動が見られた、という研究です。

      これまで、脳神経細胞は栄養や酸素が完全に絶たれると数分で死んでしまうと考えられてきましたが、なかにはもっと長い時間にわたって生きながらえるものがあるのかもしれない、ということを示唆する結果です。

      ただし、この研究は「すでに死んでしまった細胞が、生き返る」ということを示したものではありません。なので、現時点では、例えば「死んでしまった人を、生き返らせられる」可能性が示されたとは言えないものです。

      いずれにせよ、私たち自身の脳にはこれまでの研究ではわかっていない可能性が秘められていることを感じさせる研究です。今後、脳卒中やアルツハイマー病のような病への理解を深めるための基礎実験として意義あるものと言えそうです。

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      脊髄性筋萎縮症は、遺伝的に運動ニューロン(いわゆる運動神経)に必要な物質が作られず、手や足、さらには呼吸に必要な筋肉がやせ細ってしまう病気です。

      以前は治療法のない難病と言われていましたが、最近になって「核酸医薬」という技術を用いた画期的な新薬が登場し、さらには遺伝子そのものを治療する技術の開発も進んでいます。

      その一方で、すでにハンデを抱えて生まれてきた当事者の就労やその人らしい生き方をかなえられる環境の整備が遅れているとも指摘されています。

      そんな状況の中で、この報道にある当事者の方の決断はとても勇気のあるものと思います。様々な葛藤のなかで決断されたご本人、ご家族、そして出産を支えた医療者のみなさまに敬服します。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      日本移植学会「臓器移植データQ&A」によれば、人口100万人あたりの心臓移植実施数はアメリカ、ヨーロッパで5~6人であるのに対して日本では0.05人とかなり少なくなっています。

      そのなかで、
      「娘は誰にでも優しく、誰にでも笑顔を向け、元気を与えられる子でした。誰かの一部になって病気で苦しんでいるお子さんを助けることに娘はきっと賛同してくれると思っています」と、親族全員の賛同のもと提供に踏み切られたご家族の想いに敬服します。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      これまで、ゾフルーザの耐性ウイルス(ゾフルーザの効きにくいウイルス)は、薬を使った人からのみ検出されていました。しかし今回、薬を使っていない人から見つかったことで、耐性ウイルスが感染力を持つ(人から人へ感染が拡がりうる)可能性がわかりました。(どのくらい感染力が強いかは不明ですが)

      ゾフルーザは新薬として話題になり、今年かなり多くの量が使われましたが、抗インフルエンザ薬は一般的に使えば使うほど耐性ウイルスを生み出しやすくなります。今シーズンのインフルエンザは収束に向かっていますが、来シーズン以降の使われ方を見直すうえで重要な知見といえるかもしれません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      とつぜんの病に見舞われて、一番ショックを受けているのは池江選手ご本人と思います。この段階で、「あなたが病気になったことは、誰かにとって打撃となる」というような記事の見出しや内容をご本人が見たとしたら、どれだけ負担になるでしょうか。

      こうした出来事があったときに、少しだけでもご本人のことを気遣ったメッセージの出し方や、報道の仕方はあり得ないのか。考えざるを得ません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      白血病は、血液を流れる細胞(白血球、赤血球、血小板)のもとになる細胞が、成熟する途中でがん化する病気です。

      アスリートとして今後の活躍が嘱望されている池江選手にとって、とつぜん病を抱えることになったショックは察して余りあります。

      しかし、ご本人がツイッターで述べられているように、白血病は「治療によって完治する」病でもあります。治療成績も年々向上しています。

      落ち着いた環境で治療に専念され、健康を取り戻されるよう願っています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      インフルエンザが非常な流行をしています。

      インフルエンザやかぜを予防するための根拠のあるものとしてご紹介したいのは「睡眠時間」です。

      過去の研究で、7時間以上寝る人は、6時間以下のひとより有意にかぜをひきにくい、という結果が出ています。(Sleep. 2015 Sep 1;38(9):1353-9.)

      特に都会など人口密集地では、仕事やお出かけで人ごみを避けるのがどうしても難しい場合もあります。よく眠ろうとすることは、手軽にできる防御策のひとつです。ぜひ、意識してみてくださいませ

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      痛ましい事故です。
      病気なども含めた入浴中の死亡者数は、年間で1万9000人以上、その多くが自宅の浴槽での事故と考えられています。

      日本は国際的に見て、入浴中の死亡が多い国です。
      熱い風呂に長くつかる習慣があることなどが理由と考えられています。
      安全な入浴のポイントとして下記が推奨されています。とくに高齢のご家族がいらっしゃるケースなどは参考にしてみてください

      (1)入浴前に脱衣所や浴室を暖める
      (2)湯温は41 度以下、湯に漬かる時間は10 分までを目安に
      (3)浴槽から急に立ち上がらない
      (4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控える
      (5)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらう

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「ダウン症」とひと口に言っても、抱えるひとにはそれぞれの個性があり、得意なことも様々です。なので前例のないチャレンジでも、病気を理由に門前払いするのではなく、個々人の能力で判断しよう、というのが世界的な流れです。

      日本でも、以前は例えば運転免許に関して、精神病やてんかんを持つ人は取得ができませんでした(絶対的欠格事由)が、2002年の道路交通法改正により、ひとりひとりの能力によって可否を個別に判断することになり、取得の道が拓かれています(相対的欠格事由)

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 市川衛

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「青山のブランドイメージを守って。土地の価値を下げないでほしい」

      もし本当にこうした意見があったとしたら、あまりにも悲しいことです。

      東京都福祉局のHPによれば
      「児童相談所は、児童福祉法にもとづいて設置され、18歳未満の子供に関する相談であれば、本人・家族・学校の先生・地域の方々など、どなたからでもお受けします。児童相談所は、子供の健やかな成長を願って、ともに考え、問題を解決していく専門の相談機関です。」

      となっています。
      たとえ経済的に裕福であったとしても、子育てをするときに孤独に襲われ、客観的に話を聞いてくれる人や専門家に相談したい状況はいくらでもあります。

      なにより、多様な人が相談に訪れる場所を「ブランドイメージの低下」と捉える考え方は、差別意識以外の何物でもありません。

残り69

もっと見る