前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授 報告 オーサー

アメリカのWHO加盟は上下院共同決議で決めた経緯があり、共同決議には脱退する1年間の財政的義務を負うとなっています。そのため、拠出金の支払の必要性が生じるはずなのですが、このあたりはどうするのか。今後は議会を含めた議論になるのですが、議会の承認などは「このさい」なのかもしれません。一方で、同じ国連機関のユネスコについては脱退、再加入、再脱退と大統領が決めてきた経緯もあります。

こちらの記事は掲載が終了しています

前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授

専門はアメリカ現代政治外交。上智大学外国語学部英語学科卒業後、ジョージタウン大学大学院政治修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学博士課程修了(Ph.D.)。主要著作は『アメリカ政治とメディア:政治のインフラから政治の主役になるマスメディア』(単著,北樹出版,2011年)、『オバマ後のアメリカ政治:2012年大統領選挙と分断された政治の行方』(共編著,東信堂,2014年)、『ネット選挙が変える政治と社会:日米韓における新たな「公共圏」の姿』(共編著,慶応義塾大学出版会,2013年)、『現代アメリカ政治とメディア』(共編著,東洋経済新報社,2019年)など。

前嶋和弘の最近の記事

前嶋和弘の最近のコメント

  • 原爆投下「必要なかった」 歴史家らが米紙に寄稿

    共同通信 8月6日(木) 6時54分

    前嶋和弘

    |

    アメリカ人にとって、第二次世界大戦は「ファシズムに勝利した解放戦争」であるという意識があり、この意識...続きを読む

  • 米は「中国改造」の幻想捨てろ 対話には前向き 中国外相写真

    時事通信 8月5日(水) 21時52分

    前嶋和弘

    |

    確かにアメリカはずっと「中国改造の幻想」を持っていました。2000年ごろ、中国のWTO加盟をアメリカ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント