前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授 報告 オーサー

北朝鮮の必死の揺さぶり。トランプ政権から強硬な姿勢がみえなくなっていることに乗じています。また、ウクライナ疑惑という国内問題もある分、トランプ政権が動きにくいと足元を見ているのかと思います。北の思惑通りになりそうな雰囲気の中、トランプ政権がどこの段階で立ち戻れるのか(あるいはすでに遅いのか)に注目したいところです。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 高橋浩祐

    |国際ジャーナリスト

    北朝鮮が得意の瀬戸際政策を発揮している。アメリカ相手に「対話と挑発」を交互に繰り返し、居丈高な姿勢を...続きを読む

前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授

専門はアメリカ現代政治外交。上智大学外国語学部英語学科卒業後、ジョージタウン大学大学院政治修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学博士課程修了(Ph.D.)。主要著作は『アメリカ政治とメディア:政治のインフラから政治の主役になるマスメディア』(単著,北樹出版,2011年)、『オバマ後のアメリカ政治:2012年大統領選挙と分断された政治の行方』(共編著,東信堂,2014年)、『ネット選挙が変える政治と社会:日米韓における新たな「公共圏」の姿』(共編著,慶応義塾大学出版会,2013年)、『現代アメリカ政治とメディア』(共編著,東洋経済新報社,2019年)など。

前嶋和弘の最近の記事

前嶋和弘の最近のコメント

  • トランプ政権、留学ビザ制限を撤回 米裁判所が発表

    AFP=時事 7月15日(水) 4時55分

    前嶋和弘

    |

    無理筋な議論だったのですが、「経済再開」の一環にある「学校再開」の議論の延長にいきつくのが、このビザ...続きを読む

  • 米、香港の優遇措置廃止 トランプ氏、対中制裁法も署名 中国「断固反対」対抗へ

    時事通信 7月15日(水) 6時46分

    前嶋和弘

    |

    トランプ政権にとって、対中強硬姿勢は「中国の台頭を許した」として上院外交委員長や副大統領を歴任したバ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント