前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授 報告 オーサー

WTOの紛争処理制度に対応する上級委員は定員7人だが、4人が欠員。アメリカが承認を遅らせているためで、さらに今年の12月に2人が任期満了。このように実質的に機能しないとなると、韓国の訴えに対する対応は長期化が必至。

前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授

専門はアメリカ現代政治外交。上智大学外国語学部英語学科卒業後、ジョージタウン大学大学院政治修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学博士課程修了(Ph.D.)。主要著作は『アメリカ政治とメディア:政治のインフラから政治の主役になるマスメディア』(単著,北樹出版,2011年)、『オバマ後のアメリカ政治:2012年大統領選挙と分断された政治の行方』(共編著,東信堂,2014年)、『ネット選挙が変える政治と社会:日米韓における新たな「公共圏」の姿』(共編著,慶応義塾大学出版会,2013年)、『現代アメリカ政治とメディア』(共編著,東洋経済新報会,2019年)など。

前嶋和弘の最近の記事

前嶋和弘の最近のコメント

  • サウジ空爆、「イランが中東揺るがしている」=NATO事務総長写真

    BBC News 9月17日(火) 13時36分

    前嶋和弘

    |

    サウジ攻撃の犯人がイエメンの反政府武装組織フーシ派としてもイランが強い後押しをしているのは間違いなく...続きを読む

  • 金正恩氏の秘密親書「トランプ、平壌に来い…3回目の首脳会談しよう」

    中央日報日本語版 9月16日(月) 7時25分

    前嶋和弘

    |

    例の「美しい書簡」の中身だと思います、そもそもこの韓国情報をどうとらえるべきかはまだ何とも言えません...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント