前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授 報告 オーサー

WTOの紛争処理制度に対応する上級委員は定員7人だが、4人が欠員。アメリカが承認を遅らせているためで、さらに今年の12月に2人が任期満了。このように実質的に機能しないとなると、韓国の訴えに対する対応は長期化が必至。

こちらの記事は掲載が終了しています

前嶋和弘

上智大学総合グローバル学部教授

専門はアメリカ現代政治外交。上智大学外国語学部英語学科卒業後、ジョージタウン大学大学院政治修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学博士課程修了(Ph.D.)。主要著作は『アメリカ政治とメディア:政治のインフラから政治の主役になるマスメディア』(単著,北樹出版,2011年)、『オバマ後のアメリカ政治:2012年大統領選挙と分断された政治の行方』(共編著,東信堂,2014年)、『ネット選挙が変える政治と社会:日米韓における新たな「公共圏」の姿』(共編著,慶応義塾大学出版会,2013年)、『現代アメリカ政治とメディア』(共編著,東洋経済新報社,2019年)など。

前嶋和弘の最近の記事

前嶋和弘の最近のコメント

  • 大統領選前の米朝会談望まず トランプ氏、意欲減退か写真

    共同通信 2月11日(火) 10時07分

    前嶋和弘

    |

    トランプ氏にとっては、外交上の目玉だったはずの北朝鮮で躓く可能性があるのは絶対に避けたい。しっかり話...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    前嶋和弘

    |

    一般教書演説とともに、この「勝利宣言」もトランプ氏は予定通りで、選挙の一大イベントとして位置づけてい...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント