前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

逮捕を経てすでに勾留に至っています。一方で、身柄の拘束には正当な理由が必要であり、被疑者側の求めがあれば、本人や弁護人の出席する公開の法廷で裁判官がその理由を示さなければなりません。憲法や刑事訴訟法の要請です。

そのために勾留理由開示という手続があるのですが、実際には裁判官が「一件記録から被疑者には罪証隠滅や逃亡のおそれがあると考えます」「捜査に支障が生ずるので、これ以上はお答えできません」などとあっさりと述べる程度で、単なるセレモニーと化しています。

勾留を決定した張本人である裁判官が法廷で「勾留の理由はありません」と言うはずがないので、重要なのは理由の具体的な中身であるはず。

もしこの被疑者や弁護人が勾留理由開示を請求したら、どのような態勢で拘置所と裁判所を行き来させるのか、法廷はどこになるのか、また、これまでどおり単なるセレモニーの手続で終わるのか、裁判所の対応が注目されます。

こちらの記事は掲載が終了しています

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • 普通は焼酎 日本酒やワインで「梅酒」を造ると、違法になるのは本当? 国税庁に聞く写真

    オトナンサー 6月21日(日) 14時10分

    前田恒彦

    |

    料理と同じように米などの原料を使って酒をつくることなど個人の自由であり、酒税法の免許制度は憲法違反で...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    前田恒彦

    |

    これだと(1)地元議員らに現金を渡した事実そのものが存在しないのか、(2)それはあったが票の取りまと...続きを読む