前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

インターネットを介した見知らぬ者が相手の個人間融資は、貸金業法や出資法に違反する「暴利のヤミ金」が多く、警察も取り締まりを強化しています。

性的関係を要求されるといった問題のほか、(1)本人確認のために必要だと言われて貸主に送信した運転免許証の写真などの個人情報が悪用される、(2)保証金や手数料、利息前払いの名目で金をだまし取られる、(3)貸主から「使っていない預金口座のキャッシュカードと暗証番号を送ってくれたら、借金は帳消しにする」と言われ、これに応じたあと、振り込め詐欺などの犯罪に使われて警察の捜査を受け、借主も預金口座譲渡罪で検挙されるなど、トラブルの温床となっています。

確かに、個人が個人との間で金を貸し借りするのは自由ですが、ネットを介した個人間融資はこうしたトラブルがつきものなので、手を出さないほうが身のためです。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 高橋暁子

    |ITジャーナリスト

    生活苦でお金を借りられない人が、SNSで検索して個人間融資トラブルや副業詐欺、闇バイト勧誘などに引っ...続きを読む

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • 京アニ事件容疑者の勾留決定に準抗告 弁護人「必要性がない」 逃亡や証拠隠滅疑う相当性が焦点

    京都新聞 5月28日(木) 21時18分

    前田恒彦

    |

    今や通常の事件ですら準抗告をするのが当たり前の時代。この事件で、しかもこの被疑者の状態で申し立てない...続きを読む

  • 治療並行、手錠なき逮捕 京アニ事件 歩行不能「要件満たすのか」と専門家

    京都新聞 5月28日(木) 10時15分

    前田恒彦

    |

    逮捕を経てすでに勾留に至っています。一方で、身柄の拘束には正当な理由が必要であり、被疑者側の求めがあ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント