前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

たとえ検察審査会が結果の重大性などを踏まえて「起訴相当」議決をし、強制起訴に至っても、そもそも過失犯は裁判員裁判の対象外ですから、結局のところ有罪・無罪はプロの裁判官だけで決められ、素朴な市民感情が裁判に反映されることなどありません。

死刑か無期懲役かといった重い選択を迫るような事件ではなく、今回のようなケースこそ市民が参加した裁判員裁判で裁かれるべきではないか、と言われるゆえんです。

ところで、初公判が始まる以前の時期に、この事件で検察官役を務める指定弁護士の一人に「もし無罪判決が下ったら、控訴をするのか」と聞いたことがあります。数々の著名な刑事事件に弁護人として携わり、無罪判決に対して検察側が控訴して裁判の引き伸ばしを行うことに異議を唱えてきた刑事弁護のプロ中のプロだったからです。

その答えは、「やはり控訴せざるを得ないだろう」というものでした。

こちらの記事は掲載が終了しています

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • マスク高額転売で業者を逮捕 岡山県警、全国初

    産経新聞 6月1日(月) 15時05分

    前田恒彦

    |

    3月に規制が始まったマスクに加え、5月26日からはアルコール消毒液なども転売が規制されています。ただ...続きを読む

  • 共同世論調査、前検事長の処分は甘い78%

    共同通信 5月31日(日) 16時02分

    前田恒彦

    |

    これで賭博事件の捜査や公判がやりにくくなった――。現にこうした声が現場の検察官から漏れ聞こえてきてい...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント