前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

考えられるのは、起訴された所持量と鑑定書に記載されている所持量が違うとか、大麻の共同所持を裏付ける証拠が弱く、裁判官が女性の単独所持という心証を抱いているとか、大麻を押収した手続に問題があって証拠から排除すべきだと考えているとか、大麻没収の前提としてそれが誰のものか証拠で詰め切れておらず、2人から没収してよいのか迷いがある、といった点です。

こうした話ではなく、それこそ鑑定書が間違っていたとか、別事件の大麻に関するものだったといったことだと、検察にとって致命的でしょう。

裁判官が判決を書くために公判記録を精査中、証拠の不備や起訴状との食い違いなどを発見し、このままでは判決が言い渡せないということで、弁護人が知らないところで検察官に電話で連絡を入れ、判決期日取消しの申立てや補充立証などを促したという流れも考えられます。いずれにせよ、延期を申し立てた検察側による明確な説明が求められます。

こちらの記事は掲載が終了しています

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • 「個人責められぬ」「責任ないなんて」無罪判決で地元複雑写真

    産経新聞 9月19日(木) 16時55分

    前田恒彦

    |

    たとえ検察審査会が結果の重大性などを踏まえて「起訴相当」議決をし、強制起訴に至っても、そもそも過失犯...続きを読む

  • 東電旧経営陣3人に無罪=巨大津波「予見できず」-原発事故強制起訴・東京地裁

    時事通信 9月19日(木) 13時26分

    前田恒彦

    |

    旧経営陣に道義的責任を超えて刑事責任まで負わせるためには、(1)原発の全電源喪失で原子炉冷却が不能と...続きを読む