前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

脱税などの疑いがある事案ですし、ほかにも受け取ったギャラを所得として税務申告していない闇営業があるのではないかという疑念も残るわけで、関係する芸人の謹慎処分だけで終わらせるような話ではないでしょう。

コンプライアンスの観点からも、吉本興業が第三者委員会などを通じて徹底して調査し、その結果を公表する必要があるのではないでしょうか。税務署の税務調査が入るはずであり、そこで芸人の説明と食い違う新たな事実でも明らかになれば、ますます泥沼状態に陥ります。

(参考)拙稿「闇営業で『ギャラ300万円』証言 芸人の法的問題や捜査の可能性は?」

こちらの記事は掲載が終了しています

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    前田恒彦

    |

    現行犯逮捕された男(75)の所持品の中にはライターがあったとのこと。スプレーをかけられた警備員1人が...続きを読む

  • 執行は女性殺害事件の死刑囚2人

    共同通信 8月2日(金) 11時11分

    前田恒彦

    |

    死刑確定から執行までの平均期間はオウム事件に関する大量執行前の10年間で5年半程度でしたが、今回の神...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント