前田恒彦

元特捜部主任検事 報告 オーサー

警察はチケット不正転売禁止法の規制対象となるチケットか否かにかかわらず、転売目的を隠し、嘘をついて興行主側から転売禁止チケットを手に入れたというだけで、詐欺罪で立件しています。こちらのほうが罪が重いからです。すでに有罪となった例もあります。

チケット不正転売禁止法の規制対象であろうがなかろうが、転売禁止チケットが高額で転売されていることを知りながら放置し、仲介手数料を得ていれば、詐欺の片棒を担いでいるとして、転売仲介サイトも幇助犯で検挙される可能性があります。

起訴猶予にこそなったものの、現にチケットキャンプ運営会社の元社長も詐欺罪の共犯として立件され、実名報道されてバッシングを受け、サービス終了に至っています。

今後は警察が転売対策に本腰でない転売仲介サイトを狙い撃ちし、詐欺の共犯として立件するといった展開も考えられます。このままだとチケットストリートも候補の一つになりそうですね。

こちらの記事は掲載が終了しています

前田恒彦

元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。

前田恒彦の最近の記事

前田恒彦の最近のコメント

  • 法務省、解釈変更 決裁「取っていない」 検事長定年延長めぐり

    TBS系(JNN) 2月21日(金) 17時03分

    前田恒彦

    |

    黒川弘務検事長が定年延長を打診された際に固辞しておけば、こんな騒動にはなりませんでした。前例のない強...続きを読む

  • ジビエ料理店、レース鳩を「撃ってきました」→関係者激怒 県も調査中、店側は釈明写真

    J-CASTニュース 2月20日(木) 21時27分

    前田恒彦

    |

    よく目にするハトはキジバトとドバト(カワラバト)ですが、鳥獣保護法が無許可の捕獲や殺傷を禁じている鳥...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント