工藤啓

認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長 報告 オーサー

先行きが見えないなかで、どれくらいのキャッシュを確保すべきかの判断がとても難しいです。

経営と社員の生活、そして自分の家族を守るための資金繰り設計の見積もりは非常に困難で、経営や会計の専門家でもいくらあれば大丈夫とは言えない状況。

今回の資金繰りは、過去の経験が活かせないギャンブルのようなところがあり、NPOでも経営者同士での情報交換がこれほどなされているのは初めて。

金融機関への相談の前に、現状の把握と未来シナリオを描く支援が必要で、それば財務コンサルディング以上に、メンタルカウンセリングに近いです。

工藤啓

認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長

1977年、東京都生まれ。成城大学中退後、渡米。Bellevue Community Colleage卒業。「すべての若者が社会的所属を獲得し、働くと働き続けるを実現できる社会」を目指し、2004年NPO法人育て上げネット設立、現在に至る。内閣府、厚労省、文科省など委員歴任。著書に『NPOで働く』(東洋経済新報社)、『大卒だって無職になる』(エンターブレイン)、『若年無業者白書-その実態と社会経済構造分析』(バリューブックス)『無業社会-働くことができない若者たちの未来』(朝日新書)など。

工藤啓の最近の記事

工藤啓の最近のコメント

  • 第二の就職氷河期作らず 雇用最優先、経団連が緊急提言 新型コロナ

    時事通信 3月30日(月) 5時38分

    工藤啓

    |

    「就職」氷河期は、雇用される椅子の数不足をなくしつつ、質をあげなければならない。

    新型コロナウィル...続きを読む

  • 外出自粛は浸透せず、人通り絶えない巣鴨「恥ずかしいと思ったが…」「池袋の百貨店が休業で」

    読売新聞オンライン 3月29日(日) 9時38分

    工藤啓

    |

    相手を一人の大人として応対する。これはひきこもり家庭で保護者に訴える言葉です。

    大きな枠組みによる...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント