窪園博俊

時事通信社 解説委員 報告 オーサー

この手の景況感を問うアンケート調査では、内閣府の「景気ウォッチャー調査」が景気循環を敏感に反映するものとして専門家から注目されているが、同調査でも景況感の悪化が鮮明となっている。
 5月の調査では、家計関連は前月比0.6ポイントの悪化にとどまったが、企業関連は同2.5ポイントも悪化し、企業部門の景況感悪化が際立つ。企業関係の景況感調査では、日銀短観(四半期調査)が有名だが、これも3月時点で悪化傾向が強まり、次回調査では中小企業はマイナス圏に落ち込む恐れもある。
 言うまでもなく、企業景況感の悪化は、米中貿易戦争の影響で世界経済の不透明感が強まっているためで、これを受けて欧米中銀の金融政策スタンスは緩和方向に傾斜している。日銀も追随を余儀なくされるだろう。
 安倍政権は消費増税を断行する構えだが、増税が景気に打撃を与えることは確実。デフレ脱却を標榜した政権の経済政策は逆走が強まるだろう。

こちらの記事は掲載が終了しています

窪園博俊

時事通信社 解説委員

1989年入社、外国経済部、ロンドン特派員、経済部などを経て現職。1997年から日銀記者クラブに所属して金融政策や市場動向、金融経済の動きを取材しています。金融政策、市場動向の背景などをなるべくわかりやすく解説していきます。言うまでもなく、こちらで書く内容は個人的な見解に基づくものです。よろしくお願いします。

窪園博俊の最近の記事

窪園博俊の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    窪園博俊

    |

    寿命が長くなり、資産面でも老後への備えが必要になった、というのは現時点での発想としてその通りであろう...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    窪園博俊

    |

    銀行通帳は、日本人には空気や水のように存在するのが当たり前だが、今後は通帳廃止が徐々に広がる可能性が...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント