久保田博幸

金融アナリスト 報告 オーサー

日銀のサイトにアップされた総裁挨拶文には、『政策金利については、「物価安定の目標」に向けたモメンタムが損なわれる惧れに注意が必要な間、現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移することを想定している。』とあり、これがマイナス金利の深掘りを意識したものか。ただし、この切り札はよほどのことがない限り、出す必要はないし、出すべきでもないと思っている。イングランド銀行は利下げ観測が強まっているが、日銀は当面動くことはないか。市場も追加緩和期待よりも、その副作用のほうを注視するようになってきており、むしろ日銀は追加緩和に向けた前傾姿勢を、少し中立気味に戻すべきだと思う。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 島澤諭

    |公益財団法人中部圏社会経済研究所研究部長

    様々な経済指標から「機械的に」景気の進んでいる方向が分かる景気動向指数が悪化を続けている中、政府もそ...続きを読む

久保田博幸

金融アナリスト

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

久保田博幸の最近の記事

久保田博幸の最近のコメント

  • 新型肺炎、東京都内で新たに2人の感染を確認 タクシー組合や屋形船の関係者写真

    AbemaTIMES 2月14日(金) 17時18分

    久保田博幸

    |

    80人もしくは100人ともされる屋形船での個人タクシーの新年会での感染、屋形船の従業員が先に感染して...続きを読む

  • NY原油、1年ぶり安値 49ドル台、肺炎で需要減懸念

    共同通信 2月11日(火) 7時31分

    久保田博幸

    |

    10日のニューヨーク原油先物市場では、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント