久保田博幸

金融アナリスト 報告 オーサー

FRBよりも先に正常化、つまり利上げを決定するのではないかと言われていたイングランド銀行は原油価格の下落による物価下落で、舵取りを利上げから中立に軌道修正を図ったかにみえる。しかし、あくまでインフレ目標から乖離しつつあるために慎重になったに過ぎず、大きなスタンス変更とは思えない。それでも利上げ時期は予想よりもかなり先送りされたことは確かである。

こちらの記事は掲載が終了しています

久保田博幸

金融アナリスト

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

久保田博幸の最近の記事

久保田博幸の最近のコメント

  • 米、対中制裁関税を引き上げ=報復に対抗、最大30%へ

    時事通信 8月24日(土) 6時42分

    久保田博幸

    |

    市場関係者は23日のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演に注目していた、ほぼ予想通りの利下げ...続きを読む

  • 「天安門」再発なら貿易合意困難=トランプ氏、香港デモで中国けん制

    時事通信 8月19日(月) 7時48分

    久保田博幸

    |

    現在、金融市場で最も注目されているのは、米中の貿易交渉の行方となっている。米国のトランプ大統領が18...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント