今野晴貴

NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。 報告 オーサー

ブラック企業を辞めるために、被害者である労働者の側がお金を払わされることには違和感を禁じ得ない。お金を払うべきはブラック企業のほうだ。
当然のことだが、長時間労働とサービス残業を強いるブラック企業とはなるべく早く縁を切るべきだ。我慢しているうちに、うつ病などを患ってしまうことも多い。
ただ、ブラック企業を辞めるためだけに業者に5万円を支払ったうえ、未払いの残業代を請求せずに辞めるのだとしたら、それは得策とは言えない。
労働問題に詳しい弁護士や労働組合に頼めば、ブラック企業を退職できるだけでなく、未払いの残業代も請求できる。また、残業代の請求は、ブラック企業が労務管理を是正するインセンティブにもなる。被害者が辞めるだけでは、ブラック企業は「やり特」になってしまう。
少しでも余力があれば、退職代行を頼むのではなく、専門家の力を借りて、ブラック企業から残業代を取り返してほしい。

こちらの記事は掲載が終了しています

今野晴貴

NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。

NPO法人POSSE代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。年間2500件以上の若年労働相談に関わる。著書に『ブラック企業』(文春新書)、『ブラックバイト』(岩波新書)、『生活保護』(ちくま新書)、『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』(星海社新書)など多数。2013年に「ブラック企業」で流行語大賞トップ10、大佛次郎論壇賞などを受賞。共同通信社・「現論」連載中。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。大学講師。無料労働相談受付:soudan@npoposse.jp、03-6699-9359。

今野晴貴の最近の記事

今野晴貴の最近のコメント

  • 「わたしのパスポート返して!」フィリピン人女性、元勤務先「行政書士事務所」を提訴写真

    弁護士ドットコム 1月17日(金) 15時17分

    今野晴貴

    |

    この件は、POSSE外国人労働サポートセンターに相談に来たことで明らかになったケースだ。パスポートを...続きを読む

  • 非正規職員が半数以上の自治体「ボーナス支給も月給減」懸念、実情とは

    京都新聞 1月14日(火) 7時30分

    今野晴貴

    |

    待遇が逆に下がるケースはすでに現実になっている。例えば名古屋市は、「もともと給料の中に期末手当分が含...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント