児玉克哉

SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長 報告 オーサー

設立されたばかりの希望の党に政権政党も経験した民主の流れの民進党が飲み込まれる展開となった。希望の党が主導権を握っておりおそらく民進議員や候補予定者全てが合流できるわけではない。また憲法や安全保障政策の視点から合流したくない民進議員もかなりいる。連合は既に希望の党へのシフトを示唆している。連合の後ろ盾のない状態になれば合流しない議員は行き場を失う状態だ。党を消滅させ現職議員の行き場をなくさせるような決断をした前原代表に対して厳しい叱責の声が挙がるだろう。連合が警告しながらも共産との連携に走った蓮舫前代表時代のつけが回った。ここまで報道されたら民進が独自に衆院解散総選挙を戦う道は閉ざされたと言える。問題は希望の党に合流できない、したくない議員の処遇だ。さすがに共産、社民と新たな政党を作るだけの時間的余裕はない。無所属で立候補すると比例復活がなくなるわけで新民進党の結成も考える必要が出た。

こちらの記事は掲載が終了しています

児玉克哉

SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長

国際平和研究学会(IPRA)事務局長、日本地域創生学会理事、トルコ・サカリヤ大学客員教授、パキスタン・マリル科学技術大学特別教授、ネパール・トリブバン大学客員教授、リンカーン・フォーラム理事・事務局長、一般社団法人社会貢献推進機構理事長、CSRジャーナル編集長。三重大学副学長・教授、国際社会科学評議会(ISSC)副会長を歴任し現職。専門は社会学、国際政治、政治社会学など。「ヒロシマ・ナガサキプロセス」や「志産志消」等を提案し国際・地域活動を行っている。2012年にインド非暴力国際平和協会より非暴力国際平和賞を受賞。連絡:kodama2015@hi3.enjoy.ne.jp

児玉克哉の最近の記事

児玉克哉の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    児玉克哉

    |

    現在の韓国の重要課題は北朝鮮への対応と経済問題のはずだ。北朝鮮問題に関しては米日韓の3カ国の協力が不...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    児玉克哉

    |

    民進には右から左まで多様な人がいる。蓮舫前代表は多様性が民進の魅力とまで言っていた。民主・民進は安保...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント