児玉克哉

SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長 報告 オーサー

しっかりとした組織を持たない希望の党にとっては公明党の母体である創価学会や民進党を支える連合等と連携を持ちたいところだ。今回の衆議院選挙では希望の党は突風的追い風でかなりの議席は獲得できるだろう。問題は追い風が吹きやんだ時だ。これまで新党は生まれては萎み、合流しては分裂するという状況を繰り返してきた。自民党と公明党との連携は長期に亘っており強固な選挙基盤を形成してきた。その成功もみているだけに小池氏は将来発展の布石として公明党との連携を目論んでいるのだろう。今はまさに選挙前であり公明党は振り回されたくない気持ちだろうが公明党としても自民党との交渉カードが増えることになる。小池氏の教育・子育て・キャリア支援等の政策には共鳴するところも多いだろう。この選挙での連携というよりも今後を見据えた関係構築に注目だ。希望の党の獲得議席数や憲法改正の流れによって選挙後の情勢は大きく変化するだろう。

こちらの記事は掲載が終了しています

児玉克哉

SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長

国際平和研究学会(IPRA)事務局長、日本地域創生学会理事、トルコ・サカリヤ大学客員教授、パキスタン・マリル科学技術大学特別教授、ネパール・トリブバン大学客員教授、リンカーン・フォーラム理事・事務局長、一般社団法人社会貢献推進機構理事長、CSRジャーナル編集長。三重大学副学長・教授、国際社会科学評議会(ISSC)副会長を歴任し現職。専門は社会学、国際政治、政治社会学など。「ヒロシマ・ナガサキプロセス」や「志産志消」等を提案し国際・地域活動を行っている。2012年にインド非暴力国際平和協会より非暴力国際平和賞を受賞。連絡:kodama2015@hi3.enjoy.ne.jp

児玉克哉の最近の記事

児玉克哉の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    児玉克哉

    |

    現在の韓国の重要課題は北朝鮮への対応と経済問題のはずだ。北朝鮮問題に関しては米日韓の3カ国の協力が不...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    児玉克哉

    |

    民進には右から左まで多様な人がいる。蓮舫前代表は多様性が民進の魅力とまで言っていた。民主・民進は安保...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント