Y!オーサー

谷口輝世子

スポーツライター

谷口輝世子

デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情をお伝えします。著書『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店) 連絡先kiyokotaniguchiアットマークhotmail.com

  • 参考になった889

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      米国でも、子どものスポーツの場における保護者の過熱が問題になっています。デトロイト市のユーススポーツ団体では指導者講習で「我々は99%の子どもについて考える組織だ」と伝えています。 
       どういうことかといいますと、将来、プロや代表選手にはならない99%の子どもたちのためのスポーツ組織であるということです。リネカーとは表現が異なりますが、意図していることは同じだと私は受け止めています。
       米国では、将来、アスリートとして何かを成し遂げるために遅れをとってはいけない、という指導者、保護者の焦りのために、子どもの楽しみが奪われるのを防ごうという動きが出てきています。スポーツ心理学の専門家には、プレーする楽しみを感じることで、結果的に長くスポーツを続けることができ、スポーツの恩恵をより受けられると指摘する人もいます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      カナダや米国の話ですが、競技団体やプロスポーツ組織が普及のために学校体育と協力している例があります。
      現場の先生方の負担を減らすため、競技団体側が先生方への講習、講師の派遣、用具、教材を配布しています。正式なゲーム形式にこだわらず、そのスポーツの土台となるような動きの習得や、どんなところが楽しいか、という導入が中心のようです。
      地域還元の担当者がいて、地域や学校などが、何を必要としているかも聞き取ったうえで、行っています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      米国で小学校低学年からプライベートレッスンを受けて準備をするのは、強豪高校運動部のトライアウトにパスするためだけではありません。NCAA1部からリクルートされることが最終的なゴールのように見受けます。
       例えば、NCAA1部男子バスケでプレーできるのは、米国の高校のバスケットボール部員の上位約1%です。しかし、NBAのドラフトで指名されるのはNCAAでプレーしている選手の約1%の確率です。
       NBAのドラフトで指名されるのは、高校のバスケットボール部員1万人1−数人ですが、NCAA1部に行ける目安である100人あたり1人に入ることはスポーツの得意な子どもたちにとっては現実的な夢です。時間とお金をつぎ込んで頑張れば、手が届くかもしれないという期待感があります。その期待が一部で過熱になっているのではないか、と感じています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この記事を書いた者です。
      この記事に書ききれなかったもうひとつの視点をここに書き留めます。
      スーパースターは多くのファンの熱い思いを寄せているからこそ、国民的スーパースターになり得ます。
      今回の全米オープンに限らず、スーパースターの褒められない行為を直視して、的確に批判することは、ファンにとっても、メディアにとっても、その選手の競技団体にとっても簡単なことではありません。ただ、国民的なスター選手だからといって、批判が適切になされないことが積み重なると、最近、日本のスポーツ界で問題になっているパワーハラスメントを生むことにつながるのではないかと思います。これは、日本だけでなく、他国のスポーツ界にも当てはまると、私は考えています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      一般に「ルー・ゲーリック賞」と呼ばれているものは、正確には「ルー・ゲーリック・メモリアル賞」と呼ばれています。
      こちらは1955年から始まっており、今季の「ルー・ゲーリック・メモリアル賞」に選出されたのはメッツのカーティス・グランダーソン選手でした。
      今回、イチロー選手が表彰式に出席したのは、「ルー・ゲーリック・スポーツ賞・ベネフィット」というもので、こちらは慈善事業の一環です。
      どちらにしても、メジャーリーグにおけるイチロー選手の存在の大きさ、偉大さには変わりはありません。

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

       メジャーリーグには10年ほど前から公式オーセンティケーションプログラムというものがあります。
       試合で使われたボール、ベース、メンバー表などをメジャーリーグ機構が収集し、球場内やオンラインで販売しています。
       オーセンティケーションという文字通り、メジャーリーグ公式認証をつけることで本物であることを証明しており、これによって、アイテムの価値を高めています。メジャーリーグ機構は全試合に認証するための立ち合い人をつけ、実際に使われたボールかどうかなどを目で確認したうえで、ホログラムとシリアル番号のついたシールをボールなどに貼り付けています。選手のサイン入りの場合もその場に立ち会うそうです。
       五輪の公式オークションはロンドン大会からとのことですが、メジャーリーグはこれに先駆けて行っており、メジャーリーグと同様の手法であることから、メジャーリーグのプログラムを参考にした可能性も考えられます。

    • 谷口輝世子

      | 報告

       メジャーリーグには10年ほど前から公式オーセンティケーションプログラムというものがあります。
       試合で使われたボール、ベース、メンバー表などをメジャーリーグ機構が収集し、球場内やオンラインで販売しています。
       オーセンティケーションという文字通り、メジャーリーグ公式認証をつけることで本物であることを証明し、アイテムの価値を高めています。メジャーリーグ機構は全試合に認証するための立ち合い人をつけています。グラウンド近くにいるこの立ち会い人が、実際に使われたボールかどうかを目で確認したうえで、ホノグラムとシリアル番号のついたシールをボールなどに貼り付けています。
       五輪の公式オークションはロンドン大会からとのことですが、メジャーリーグはこれに先駆けて行っており、メジャーリーグと同様の手法であることから、メジャーリーグのプログラムを参考にした可能性も考えられます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

       この記事によると、保護者から責められたり、校内の他の部活動が休んでないから、自分が顧問をする部活動だけ休みにするのをはばかられたりし、練習時間や日数が増えて、休みがないとのことです。
       
       本来の部活動は、部員や顧問が自分たちにとって適切な練習量を決めることができるはずなのに、なぜ、一部の保護者の意見に押されたり、自分たちで適切な休みを決めることが、はばかられる雰囲気が校内にあるのでしょうか。

       この署名活動をされている先生は匿名の方が多いです。学校内で直接に部活動運営の疑問について意見を述べにくい状況が、先生も生徒も休みたいのに休めなくなっている理由のひとつではないでしょうか。

       もし、そうであるならば、文部科学省や教育委員会が、その状況を変えることができるのだろうかと、私はかすかに疑問も感じています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 谷口輝世子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      組体操で重傷事故が多発したのは以下のようがことができていなかったからではないかと私は考えています。

      1、リスクと利益の評価
      2、どの方法を選択すれば、利益が高まり、リスクが小さくなるかの分析。
      3、学校ごとの選択と決断。

      では、組体操の全ての内容を中止にするにあたって、上記のようなことがなされたのでしょうか。

      難易度の低い技についても、ケガのリスクと、子どもたちが身体の使い方を学ぶことができるなどの利益の評価はなされたのでしょうか。

      リスクと利益を評価することなく、リスクを直視せずに危険な技を組体操に取り入れることも、利益を全く考慮に入れず全面中止にすることも、どちらも「児童・生徒が安全に学ぶ機会を得ること」が置き去りにされているように感じます。問題の根は同じではないでしょうか。