Y!オーサー

木村悠

元ボクシング世界チャンピオン

木村悠

第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオン(商社マンボクサー) 商社に勤めながらの二刀流で世界チャンピオンになった異色のボクサー。NHKにて3度特集が組まれ商社マンボクサーとして注目を集める。2016年に現役引退を表明。引退後は、解説やコラム執筆、講演活動や社員研修、企業の顧問、コメンテーターなど自身の経験を活かし多方面で活動中。 SNS(Facebook、Twitter、instagram)の累計フォロワー数1万突破!(取材、出演、講演、執筆など、ご依頼はオフィシャルサイトよりお願いします)

  • 参考になった3708

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      パウンド・フォー・パウンドランキング(以下PFP)とは夢のランキングだ。全階級のボクサーが同じ体重で戦った場合どのボクサーが一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。

      これは、ボクシング界で最も権威を持つアメリカの専門誌「リング」が発表している夢のランキングで、ファンが最も知りたい、誰が一番ベストなボクサーかをランク付けしている。王座が乱立し、ひとつの階級に複数のチャンピオンがいる時代に、非常に価値のある評価となる。

      一説には、圧倒的な強さを誇る井上をトップに上げている、記者もいるようだ。過去のPFPトップボクサーを上げてみると、マイクタイソン、モハメドアリ、マニーパッキャオ、フロイドメイウェザーなど、錚々たるメンツである。井上はこの選手達と堂々と肩を並べる存在になった。

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      スランプも経験した井上が、それを乗り越え、どんなパフォーマンスを発揮するか非常に楽しみな試合だ。
      日本中の期待を背負って、グラスゴーのリングに立つ。
      過度なプレッシャーはマイナスに繋がるが、適度な緊張感はパフォーマンスを向上させる。
      倒そうと力まないで、普段通りの動きができれば、早いラウンドでのKO勝ちもあり得る。
      日本人ボクサーの誰もが踏み入れた事がない領域で、新たな伝説を作って欲しい

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      これまで苦戦を強いられたことがない井上が、難敵ロドリゲスに対してどのように戦うかに注目だ。強すぎて相手がいないと言われた井上が、同世代のボクサーと拳を交える。
      本人自体が、強敵との相手を求めて、このトーナメントに参戦した。王座が乱立し、ベルトや肩書きよりも、誰に勝ったのかが、重要な時代になっている。
      ファンが知りたいのも、誰が一番強いのかだ。最強を賭けて戦う、姿勢が評価に繋がっていく。
      今回の大舞台で自分の力を発揮して、更なるステージに上がっていくことを期待したい。最強を決めるトーナメントで、モンスター井上尚弥の実力を世界に届けて、実力を証明していってほしい!

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今回の試合は井上にとって、今までのキャリアの中でも、最も大きな意味を持つ試合となる。
      圧倒的な強さを持ち、これまで他を寄せ付けないパフォーマンスを見せてきた井上が、最大級にロドリゲスに警戒していると思われる。
      私も経験があるが、試合が近づくと、減量やコンディション調整に敏感になる。疲労と減量のピークとなるこの時期に、コンディションを崩したくないのだろう。
      また、今回初のイギリス遠征なり、試合前の調整も、慣れている日本とは大きく異なる。
      そのため想定外の事態に対応できるように、早めの調整を進めている。
      試合まで、あと僅かだが、世界をあっと言わせるパフォーマンスに期待したい。そして、ドネアとの対決が観たい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      メイウェザーはこれまで、メディアでの発言やSNSでの投稿で注目を集め、ビッグマネーに繋げてきた。
      自分が注目されることで、入場収入や有料放送の放映権料が高まりファイトマネーが上がる。
      今回のような試合をやるやる詐欺は結構しており、それは自身のプロモーションのためでもある。天心との試合も日本でのビジネスチャンスの見通しが立てば、僅かながら可能性はあるのではないだろうか。
      中止もなったら、盛り上がりを見せていただけに非常に残念である。

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      非常に楽しみなカードではあるが、ルールの擦り合わせが焦点となりそうだ。
      一番気になるのは体重差である。ボクシングの世界で10キロの差となったらどんなに強い相手でも相手にならないだろう。また、メイウェザーは普通のボクサーではなくて全階級通じて一番強いとも言われている。
      そのため、ボクシングルールではなくキックルールで観たい気もするが、
      勝ちに徹するメイウェザーはそのルールを了承するかは定かではない。
      格闘技が盛り上がることは良いことだが、安全面だけは配慮が必要だ。

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      格闘技が盛り上がる楽しみなカードではあるが体重差は心配だ。
      普通なら10kgの体重差は試合としては成立しないほどのハンデとなる。
      確かにメイウェザーはウェルター級では体格が小さいが、パンチ力が物凄くあると聞いたことがある。
      ボクシングや格闘技は1試合で選手生命が絶たれる可能性もある。
      那須川天心の今後の事も考えて、
      できる限り公平で安全面に配慮したルールで試合が行われることを願う。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      亀田和毅選手と対談したことがあるが、その時も一番強いのは井上選手と口にしていた。
      亀田選手の打たれ強さは未知数だが、バランスが良くディフェンスは優れている。
      井上選手のプレッシャーは物凄いが後半に慣れば多少は勢いも落ちてくるし、
      前半を凌げれば面白い展開にはなる。
      タイミングの問題もあるとは思うが、
      実現したらボクシング界も盛り上がるし観たいカードではある。
      そのためにも今回の試合での良いパフォーマンスに期待したい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ボクサーは階級を上げる事で筋力がついて、
      その階級に順応した体つきになっていきます。
      そのため上の階級から下の階級に下げるのは非常にキツイことです。
      できれば減量で落とす幅は小さくしたいもので階級は下げたくないもの。
      このビックイベントに出場する事で生き残りを賭けて戦うドネアの意気込みが伝わります。
      軽量級のスーパースターの復活を賭けての戦いが楽しみです。
      井上尚弥選手との夢の対戦に向けて明日の試合は注目です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村悠

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      階級を上げてスーパーフライ級でも戦えることを証明した井岡一翔選手。
      減量苦で階級を上げた京口紘人選手とのダブル世界戦は非常に楽しみなカードとなった。日本と違い海外だと微妙に調整も変わるが問題ないだろう。
      どちらも相手がベテランで強い相手なだけに好ファイトが期待される。
      海外でのダブル日本人王者誕生の期待がかかる!

残り4

もっと見る