Y!オーサー

木村公一

スポーツライター・作家

木村公一

獨協大学卒業後、フリーのスポーツライターに。以後、新聞、雑誌に野球企画を中心に寄稿する一方、漫画原作などもてがける。韓国、台湾などのプロ野球もフォローし、WBCなどの国際大会ではスポーツ専門チャンネルでコメンテイターも。でもここでは国内野球はもちろん、他ジャンルのスポーツも記していければと思っています。

  • 参考になった68299

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今どき批判が出ること自体が意外に思えます。その是非を問うより、私は増田選手の投げっぷりの良さをもっと語り合った方がよほど生産的?に思えますが(笑)。個人的にはもう一回、彼のピッチングが見たいと思いました(笑)。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      発表された内容はかなり詳細なものなので、おそらくはセンバツが中止となった頃から検討されていたのでしょうか。「公式大会」ではないものの、やはり甲子園は高校球児にとって特別な存在です。一度、断念したセンバツ出場選手だけに、今回の代替開会出場は望外の喜びと思います。
      願わくば、同様の代替案を他の競技でも実施して貰えればと思うのは私だけでしょうか。「コロナ」の特性もおよそわかってきて、その対応策、防御策も地に足がついてきたと思います。それだけに、夢の実現を高校球児だけでなく、他のスポーツ部員の子供たちにも分け与えて貰えれば。蛇足ですが、こうした有事をキッカケに、高体連と別に活動している高野連が、合併とまでは行かずとも、より一層の共同歩調を取ってけるようになれば、それもまた苦難の中から得られたものになると思うのですが。いかがでしょうか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ソフトバンクは監督ら首脳陣、選手総勢200人に新型コロナウイルス感染歴などを調べる検査をしてすべて陰性だったと報じられました。巨人は希望者のみ“抗体検査”をし、その中から陽性反応を示した4名に対しPCR検査を施した結果、2名が陽性だったということのようです。ただ感染から時間が経ち、他人に感染させるリスクは少ないとも伝えられ、チームとしての明日以降の練習試合も続行されるかとも思えます。いずれにせよNPBとしてはガイドラインを作成しており、陽性者の2週間隔離待機等決めています。開幕前でまだ良かったのか、それともこれを契機に開幕含め再び自粛を強いられていくのか、気になるところです。

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今日、一部メディアから「都の発表では月末にもステップ2、つまり観客を入れての開催までの許可が出る」と報じられていたので、6月開幕のNPBも一気に「観客ありの開幕」に踏み出すかに関心を持っていました。しかし実際は「当面は無観客」で、準備してきた形での開幕。無理もないですかね。他ならぬ数万人単位の観客を入れての感染対策がどこまで効果を生むかは未知数。だからこそ無観客で始め“開催慣れ”した7月下旬をメドに観客を入れるプランを作っていました。マニュアルでは観客のマスク着用、入場の際の検温、消毒、スタンドも距離を取っての着席、応援の自粛などが条件となっていますが、これ全部の出入り口で、全球場で、毎日実施しきれるのか。正直、不安が過ぎります。当然、球場での感染発症もある程度は覚悟し、その場合、2週間程度のリーグ戦中断なども想定に入っているようです。いずれにせよ特別なシーズンが大過なく進みますように。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      甲子園大会が中止になることは現状、致し方ないところもあるでしょう。ただ地方大会(地区予選)まで中止となったのは、球児たちにとって残念でなりません。センバツ大会中止以後、春の地区大会も中止になっており、このままだと今年の3年生は一度も公式戦を戦うことなく卒業していくことになります。これは「可哀想」といった感傷ではなく、スポーツ選手としての高校生として、極めて残念なことだと思います。スポーツは勝ち負けの中で自身の成長や限界を感じ、向上しようとすることに意味があるからです。大袈裟に言えば自分というものを見つけていくもの。その機会を失うことは大きい。他競技も試合中止となっている中、野球だけ特別視しろとは言いませんが、高野連には地方での公式戦に準じる大会を、小規模でも卒業前に用意してあげる模索をしていただきたいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      覚悟されていたことですが、観客を入れれば満員となり密集が出来る。無観客でも選手の宿泊先で密集が生まれる、など甲子園での開催の難しさは、もはや“球児の夢”を超えたものになっていることを浮き彫りにしました。インターハイなど他の競技も軒並み中止になっているだけに甲子園大会へのこだわりには賛否あります。ならば高野連として残された高校生活中での別の形の大会を模索すべきでしょう。甲子園で出来なければ意味がないとの考えもありますが、都府県内での開催でも、野球が出来ない今、球児にとって意味はあるはず。球児という高校生に最も大事なのは、この無念さを今後の人生でいかに転化させてあげられるか。試合で、大会で勝ち残るのは一校で、それ以外は負ける。いわば「負けることを経験し、学ぶこと」も高校球児としては大事なこと。そうした経験をするためにも実現可能な範囲ででも、大会を実施するこそ大人の役目ではないでしょうか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      プロ野球の開幕、開催における難しさは言うまでもなく感染拡大のリスクです。選手、関係者、観客を入れるとしたら連日数万人ベースが各所を行き来するからです。いきおい政府、自治体の判断に依らざるを得ません。ですが規模が大きい組織、興行であるぶん、矛盾した言い方になりますが明確な指揮やロードマップも必要なのではないでしょうか? 大阪府の出口戦略のように、どのような条件が揃えば開幕出来るのか。どうなら観客が入れられ、あるいは無観客となるのか、など段階的な基準のようなものを出すべきではないか。開催方式も地方での集中開催案が出れば、セパ東西に分けた方法も浮上するなど、場当たり的でどれも思いつきのように思えてなりません。事態の把握は国や自治体ですら困難な時期、難しいことは承知の上ですが、日付の確定が難しいぶんでもだからこそ、その前段階となる明確な基準、方向性を提示してもらいたいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      面白い発想ですね。おそらくメジャーがアリゾナ、フロリダ、テキサスなどに集結して行う案が出ているので、それに倣ったアイディアとして、どこかの球団幹部が記者に話したのでしょう。ただ他紙が追随しなければ、思いつきの案としか言えないですが。たしかに移動距離や回数が減る球団にとっては感染リスクは減るのかも知れません。ただパが西、セが東といっても、では日本ハム対楽天も京セラで行い、広島対中日を神宮でやったりするんですかね?従来では見られない球場でのカードが見られる点はメリットもあるとは思いますが、その辺りの具体性が見えないので現実的にはどうなのでしょう。ただ6月19日開幕ならまだ感染リスクはあるわけで、当該自治体の理解、協力を得られるのか。ともかく大所帯のスポーツ興行だけに大胆な変更には、相当の力技が必要ですね。ちなみに韓国、台湾はもともと長距離もバス移動で、今回のために改めたわけではありません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      開幕できるかできないか。もし出来るとしたらいつか。一部の情報では「8月開幕での短期リーグ」という案も検討されているようです。8月だと2~3ヶ月の短期リーグ戦ですね。選手らは再度コンディション作りに最低3週間は必要ですから、7月上旬には「終息宣言」が出されていなければ動きようがありません。「1ヶ月程度の宣言延長」される現状を考えれば、希望的観測として7月くらいなら感染者の状態も落ち着き、日常生活が戻っている頃という想定をしているとも思えます。ただコミッショナーが言っている「無観客でも」というのには懐疑的な声も聞こえてきます。無観客では1試合につき1億近い赤字になるだけといわれます。それを覚悟でやれるのか。12球団の財政的な体力は随分違います。また自治体の理解なくしてはやれません。そうした条件を考慮すると「なんとか8月にやれれば」というのがギリギリの線といえるでしょうか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 木村公一

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「無観客でもやりたい」という球界関係者の気持ちは理解できますが、現実的にはどうでしょうか。野球が(Jリーグもそうですが)他の競技と異なるポイントに「チームの移動」があります。1カードごとにスタッフ含めれば50人を超える関係者が各地を移動するわけで、これだけでも相撲興行などでの感染の危険とは比べものになりません。無観客云々以上にそうした移動自体、現状では理解を得られない気がしますが。やはり終息というお墨付きが出なければ、開幕は難しいのではないでしょうか。

残り56

もっと見る