Y!オーサー

菊田康彦

フリーランスライター

菊田康彦

静岡県出身。小学4年生の時にTVで観たヤクルト対巨人戦がきっかけで、ほとんど興味のなかった野球にハマり、翌年秋にワールドシリーズをTV観戦したのを機にメジャーリーグの虜に。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身した。07年からスポーツナビに不定期でMLBなどのコラムを寄稿。04~08年は『スカパーMLBライブ』、16~17年は『スポナビライブMLB』に出演した。著書に『燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡』(カンゼン)。編集協力に『石川雅規のピッチングバイブル』(ベースボール・マガジン社)、『東京ヤクルトスワローズ語録集 燕之書』(セブン&アイ出版)。

  • 参考になった10457

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      バレンティン選手は、これまでも契約最終年を迎えると、しばしば冗談交じりに「来年は●●でプレーする」と話し、2017年のシーズン最終戦では「今まで世話になったな」と握手を求めてきて、ドキッとさせられたこともあります。それでも結局は、ヤクルトでのプレーを選択してきました。
      文中にもあるとおり、本人はヤクルトに対して感謝の念を持っていますし、球団やチームメイトへの愛着も強いです。池山隆寛さんの持つ球団記録の通算304本塁打に近づいていることも知っているので、おそらくは来年もヤクルトでプレーするものと思っています。
      あとは今季は推定4億4000万円の年俸を含め、条件面でどう折り合いをつけるか。本人はお金がすべてというタイプではないので、そこは代理人も含め、球団とうまい落としどころを見つけてもらいたいと思います。

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ヤクルト・村上選手は、多くの方が指摘されている通り打率の低さがネックですが、本塁打と打点はそれを補ってあまりあると思います。
      「新人王有資格者の30本塁打」達成となれば歴史的にも希少ですし、ヤクルトの野手では2005年の青木宣親選手以来、内野手となると1989年の笘篠賢治選手以来の新人王受賞に期待します。
      もっとも阪神・近本選手の成績も素晴らしいものであり、仮に新人王を逃しても「新人特別賞」として表彰される可能性はあると思います。
      近年では2017年に10勝を挙げながら、新人王を逃したDeNAの濵口遥大投手が、この表彰を受けています(同年のセ・リーグ新人王は中日・京田陽太選手)。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      野村克也さんは試合後の会見でも、スタンドに詰めかけた観客の多さに感激しきりの様子でした。ヘッドコーチを務めた古田敦也さんによれば、野村さんは最初は打席に立つだけで、バットも持てないと言っていたそうですが、1球だけとはいえスイングまでしたのは、スタンドの雰囲気に乗せられたところもあったのではないでしょうか。

      そういう意味でも、ファンと選手が一体になった素晴らしいイベントだったと思います。古田さんは「これだけお客さんも入って喜んでいただけるなら、また5年後、10年後にやるんじゃないですか」と言っていましたが、ぜひまた企画してもらいたいものです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      初回の2死満塁で無得点に終わっていたら、これまでの悪い流れを引きずりそうでしたが、大引選手の3点二塁打、そして中4日で先発した原樹理投手の好投が、その流れをすべて変えたような試合でした。

      試合終了直後、ベンチ裏に響き渡っていた「やったぜ! オレたちはもう負け犬じゃない」というハフ投手の叫び声が、これまで苦しい思いをしてきた選手たちの気持ちを代弁しているかのようでした。

      ヤクルトは昨年の交流戦開幕時点でも、借金9つを抱えてセ・リーグ最下位でしたが、交流戦で最高勝率に輝いたことが、その後の躍進しにつながりました。今日の試合後のヒーローインタビューで、大引選手が「去年の交流戦の覇者として堂々と立ち向かっていきたい」と話していたように、今年も交流戦での巻き返しに期待したいと思います。

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      明日、2日の試合は中4日で原樹理投手の先発と発表されました。今日は五十嵐投手、近藤投手の両ベテラン、そしてマクガフ投手、ハフ投手の両外国人を温存できましたし、上半身のコンディション不良で登録を抹消されていた抑えの石山投手も、明日から一軍に復帰する予定です。

      明日は日曜日で、翌日は試合がありませんので、早めに継投してリリーフ陣総動員で勝ちに行くのではないでしょうか。
      あとは2週間前の対戦でほぼ完璧に抑えられたDeNAの濱口投手から、いかに得点できるかが連敗ストップのカギになりそうです。

      セ・リーグワースト記録もかかっていますが、明日の試合を最後にセパ交流戦に入るということもありますので、ヤクルトとしてはなんとか明日で連敗を止めたいところです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      2年前の14連敗時と違い、今年は当時に比べて戦力的に厚みを増しているので、ここまで負けが続くとは思いませんでした。

      悪い流れを断ち切るためには、本来はクローザーやセットアッパーの投手を先発で1イニングだけ投げさせる「オープナー」や、最初から救援投手を短いイニングで継投していく「ブルペンデー」。打つほうでは繋いで点を取るのではなく、一番からホームランバッターを並べて最初から長打に期待するラインナップを組むなど、「奇策」の部類に入るような思い切った手を打つのも一つの手かもしれません。

      もっとも、それは当事者ではないから言えること。宮本慎也ヘッドコーチは試合後に「何とか(選手を)楽な気持ちにさせてあげられればと思う」と言ってましたが、首脳陣も日々いろいろな考えを巡らせながら戦っています。なかなか結果に結びつかず、その苦悩は計り知れませんが、一つ勝つことで事態は確実に好転すると思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今春のキャンプでも不整脈で急遽マウンドから降りたことのある久古投手ですが、その後の検査で「そんなに悪いモノではないとわかったし、春先以降は出なかった」とのことで、イースタンでは3連投も何度かこなし、計48試合に投げています。
      トライアウトという、ある意味一発勝負の舞台で緊張も高ぶりもあったと思いますが、アクシデントの後も久古投手らしいピッチングを見せてくれたと思います。
      獲得にあたっては再度の検査も必要かもしれませんが、名乗りを上げる球団があればと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      その2012年。翌春に開催が予定されていた第3回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表のピッチャーに誰がふさわしいかという話を、バレンティン選手としていた時のこと。
      最初は「ダルビッシュ(有)、マークン(田中将大)、マエケン(前田健太)…」といった名前が挙がったのですが、その後にバレンティン選手の口から出てきたのが「カガ!」。当時はヤクルトにいたミレッジ選手も「アイツは打てないよなぁ」と同調していたのが印象に残っています。
      バレンティン選手にしてみれば、そのくらい苦手なピッチャーだったのでしょうね。
      加賀投手、本当にお疲れ様でした。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      以前、ヤクルトアトムズの二刀流、故・外山義明さんのお話を伺ったことがあります。
      「真面目で優しい奴でした。根が真面目だから、(投打)どっちもってやってるうちに肘を壊してね…。肘を壊さなかったら、そこそこのピッチャーになっていたと思います」とおっしゃる大塚さんも、実に優しそうな方でした。
      「サヨナラ押し出し4回の記事も書いてくださいよ」と言われていたのに、実現できなかったのが残念です。
      73歳は若すぎますね。お悔やみ申し上げます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 菊田康彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      先週、BCリーグの取材に訪れた際、富山の伊藤智仁監督が「絶対にNPBで使える」と太鼓判を押していたのが、このヒース投手でした。
      その日の試合でも、2点リードの9回に登板して三者三振。ストレートは140キロ台後半ぐらいだったと思いますが、ちょっと格が違う印象でした。
      BCリーグの公式ホームページによれば、ここまで7試合の登板で1勝0敗4セーブ、防御率0.00。9イニングを投げて被安打3、奪三振14で与四球3。広島で投げて以来、3年ぶりのNPBでどんな活躍を見せるのか楽しみです。

残り8

もっと見る