河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

ジブリパークですが、ジブリのブランド力もあり注目と期待が大きい反面、340億円という投資額、利益追求とコスト意識に疎いのに横車を押す傾向のある自治体が前面に立っている点に不安を感じないとは言えません。この手のテーマパークは継続的な投資に加え、集客のためのアイデアやノウハウ、しかるべき人材が必要になります。

ちなみに東京ディズニーランドは「アナ雪」などの新アトラクションに2500億円、USJも任天堂ワールドだけで600億円を投じます。投資額が全てではありませんが、テーマパークの勝ち負けは、恐ろしいほどハッキリする傾向があるのは確かです。工夫を凝らし、何とか一定以上の成功は納めてほしいところです。

こちらの記事は掲載が終了しています

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • ルクレール、F1バーチャル・ベトナムGPを制す。「信じられないほどハード!」

    motorsport.com 日本版 4月6日(月) 8時29分

    河村鳴紘

    |

    今のレースゲームは、ゲーム機の性能アップもあり、物理計算も組み込まれて、現実のレースさながらです。プ...続きを読む

  • 実は高年収?YouTuberを支えるプロの裏方たち写真

    東洋経済オンライン 4月6日(月) 5時10分

    河村鳴紘

    |

    youtubeは動画を撮るだけと勘違いしている人もいるのですが、編集の能力は、撮影以上に重要ともいえ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント