河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

2作目の社会的大ヒットが興行収入の数字からも確定し、名実ともに「新海誠」という“ブランド”が完全に確立したことになります。多くのコンテンツがある中で、普通のヒットを生み出すことすら大変なのに、これだけの大ヒットを2作続けてというのは、それだけで価値があるといえます。

作品に対して厳しい意見もあったと思いますが、それも注目されるからこそ。そして製作関係者の受けたプレッシャーもすさまじかったとは思いますが……。

名前だけでアニメファン以外の一般層からも注目されるクリエーターは、そう多くありません。「天気の子」がさらに数字を伸ばすのはもちろん、次もあるであろう新海監督の新作に期待しています。

こちらの記事は掲載が終了しています

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • 『ジャンプ』支える若手作家たち 呪術廻戦、アクタージュ…危機感あった編集部の新人発掘が奏功

    オリコン 6月6日(土) 12時10分

    河村鳴紘

    |

    週刊少年ジャンプが新人作家の発掘と力に入れているのは、今に限らず、昔からの路線ですね。どの雑誌も新人...続きを読む

  • 4月の消費支出、大きく落ち込む ゲームソフトは2倍に写真

    朝日新聞デジタル 6月5日(金) 10時50分

    河村鳴紘

    |

    参考になりますが、大手ゲーム会社の決算発表で、2020年1~3月の販売状況が出ています。同期間は、ゲ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント