河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

2作目の社会的大ヒットが興行収入の数字からも確定し、名実ともに「新海誠」という“ブランド”が完全に確立したことになります。多くのコンテンツがある中で、普通のヒットを生み出すことすら大変なのに、これだけの大ヒットを2作続けてというのは、それだけで価値があるといえます。

作品に対して厳しい意見もあったと思いますが、それも注目されるからこそ。そして製作関係者の受けたプレッシャーもすさまじかったとは思いますが……。

名前だけでアニメファン以外の一般層からも注目されるクリエーターは、そう多くありません。「天気の子」がさらに数字を伸ばすのはもちろん、次もあるであろう新海監督の新作に期待しています。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 不破雷蔵

    |「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー 検証・解説者

    参考事例としてここ10年ほどの邦画で放映開始初年にて興行収入が100億円を突破した作品を挙げておきま...続きを読む

  • 河嶌太郎

    |ジャーナリスト(アニメ聖地巡礼・エンタメ)

    『天気の子』はサントリー、日清食品、ソフトバンクなど6社とタイアップCMを流すなど、アニメ史上例がな...続きを読む

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • のび太の「~かしら」は女性的? 言葉の歴史を紐解いてみた写真

    J-CASTニュース 9月16日(月) 11時00分

    河村鳴紘

    |

    確かに子供時代「ドラえもん」のマンガを読んで、ドラえもんやのび太のせりふの語尾に「~かしら」とあって...続きを読む

  • 「ドラクエ5劇場版」ファンが心底落胆した理由写真

    東洋経済オンライン 9月15日(日) 16時00分

    河村鳴紘

    |

    批判は皆さまの通りなので、別の視点から触れたいと思います。ドラクエの映画化が難しいのは、誰もが予想し...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント